スポンサードリンク

厳しくなったリース与信

縁あって昔の同僚と話をする機会があったんですけど、曲がりなりにも景気回復の鼓動が感じられるようになった事と、もしかしたら将来的に人手不足に陥るかもしれないとの予測から、システム関連の受注が上向いてきているそうなんですけど、とにかく昔よりもリース与信が通らなくなってきて、契約に至ってもリース与信が通らないので販売を諦めるってケースが結構あるそうです。

まぁバブルの時代なんかは結構グレーな審査結果でも営業マンが片っ端からリース会社に与信をお願いして回るですとか、実際に見たことはありませんけど場合によっては優良の大型案件と抱き合わせでリース与信を通してもらうとか、はたまた契約を分割致しまして例えば500万円の受注案件を2つのシステムに分割して、2つのリース会社でリースを通すとか、実に様々な手法でなんとか最終的にリース契約にまで辿り着いて売上計上をしていたのが、とにかく根本的に与信が厳しくなってここで挫折しちゃうなんて事が少なくないそうです。

そりゃリース会社だってバブルの崩壊時には随分と痛い目にあったところも多いでしょうし、政権交代によって景気が回復の兆しと言ってもこれからさらなる消費増税の予定ですとか、景気回復を阻む要素も具体的に出ていますから、やっぱりリース与信は厳しくなってしまうんでしょうね?

確かにリース会社といっても実際の所は担保を設定した金融会社ですし、たぶん個人向けに融資するよりも法人相手に融資を行うほうが個人向けよりもりすくが高い場合が多くて、実際に自分が審査部門の担当者だったら、たぶん会社規模が50人以下の企業がリース期間終了の5年後までまともに営業を100%していると自信はないですから、大部分を与信の結果ご希望に沿うことは出来ませんって結果を出してしまうでしょうね。

思うに日本の国際競争力を上げるとか何とか産業競争力会議だかが色々入ってますけど、どうも彼らってのは大企業の発想とか単にコスト削減的な人件費抑制しか頭になようなんですけど、それはちょっと違いますよね。

日本の国際競争力を上げるんでしたら、確かに淘汰する作業も必要なのかもしれませんけど、もっと必要なのは幅広く沢山の零細、中小、大企業が存在している状態で競争をするとか技術の発展を目指すべきで、淘汰される形で企業の数が減るような方向では競争力はダウンするに決まっているんですね。

そんな事をリース与信が通らなくて設備投資が希望通りに出来ない中小零細企業が多いってことを聞いて考えた次第なのです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 国会議員の借金と選挙の問題
  2. クロージングのタイミング
  3. 消えた営業渡り鳥
  4. マニュアル人間
  5. 転職先を考える
  6. 採用基準は第一印象
  7. 事象が連鎖する原因
  8. 面倒なことは後回し
  9. 人手不足は営業現場に
  10. 体臭対策の方法
  11. 代理店の立ち位置
  12. モチベーションアップ
  13. 営業と逃げ足の早さ
  14. 人の心を読む方法(営業心理学)
  15. 自分を買ってもらう
  16. パワポ依存
  17. 雨の日の外回りの営業活動
  18. 簡単な事を難しく見せる
  19. 在庫処分と消費者心理
  20. ブランドの消滅事例
  21. ワンマン社長の限界と可能性
  22. 燃え尽き症候群対策
  23. メール力と営業力
  24. クレーム予防策
  25. お客のサインと虫の知らせ
  26. 商談成功、成約の第一歩
  27. 厳しくなったリース与信
  28. 個人の営業力に頼らない販売
  29. 営業力と上手な御為ごかし
  30. 販売促進策と申請主義
  31. 社内営業活動とマナー
  32. 販売促進事例
  33. 営業活動は必ず履歴や足跡を残す事
  34. ポジティブシンキング
  35. お客の取扱説明書
  36. 営業活動と諜報活動
  37. 職場の雰囲気と売上
  38. お客様至上主義の本質
  39. 早く帰れない
  40. 接待営業と場所の問題
  41. 販売促進と口コミ
  42. 社内派閥に属さない人
  43. 営業マンは食わねど高楊枝
  44. 仕事を遊びにできるか?
  45. 営業マンの三種の神器
  46. 営業マンが頑張る動機
  47. 時には
  48. 営業報奨金の使い道
  49. マイナスの経済効果

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る