スポンサードリンク

冬の営業活動は服装に注意

見る人は見ているって言葉を聞いたことは有ると思います。

特に企業経営者なんのは人を見る目が無いと会社が危なくなってしまうわけですから、見ていないようでちゃんと出入りの業者ですとか営業マンの事を見ているものです。

大手メーカーでしたらやってくる営業マンで会社を判断する要素は少なくなりますけど、零細中小企業になるほど、やってくる人を見るものなのですけど、特に冬場ってのは服装を結構見ます。

社有車でやってくる場合はもちろんその車種も見るわけですけど、徒歩での移動では無いからといって、見るからに寒そうな格好というのは自分が寒いとか寒くないとかは関係なく、他人から見て暖かそうに見えないとダメだと思うのです。

少し分かりやすく喩え話をしますと、同じ町内に2件のお寿司屋さんがあったとしましょうか。

まだどちらのお寿司屋さんにも行ったことがなくて、値段も何だかよくわからないし他の人の口コミも一切ない状態で、どっちに行くかを決めるとしましょう。

2軒がどう違うのかわからないけど、片方は綺麗にな外観でもう一方は傾いているような家屋だったら貴方ならどちらに行きますか?

やっぱり綺麗な方に行くと思いますが、それは単に清潔だとかそういっただけの話じゃなくて、それなりの店構えを維持できているということは、ちゃんとお客さんが入っていて儲かっているからという推測は出来ますいよね。

逆に傾いているような店構えであれば、やっぱりお客が入っていないから儲かっていないのであって、その原因は美味しくないに違いないって思ってい舞うのですよね。

話を営業マンの服装ですとか格好の話に戻しますと、営業マンならまだしも経営者に関しては、やはり持っている時計から車から来ている背広までちゃんと見ている人はさり気なくチェックして会社を値踏みしていると思っていて間違いないです。

ですからセールストークを考えるとか販促資料を整えるとか立派な会社案内を作るとか色々やるのは結構ですけど、けど訪問する社長とか営業マンがよれた格好でみすぼらしかったら、いかに素晴らしい販促資料を持参しても全て台無しになってしまうのです。

特に冬場というのはその差が顕著に出る時期ですので、結構注意を払わなくてはいけない時期なのです。

追伸

売れない営業マンにとって冬場は寒さが身にしみますが

寒さが身にしみるような格好をしているから売れないって原因かもしれませんよ?

温かい格好にして営業活動に出てみたら結果がぜんぜん違うかもしれませんよ?

スポンサードリンク

メッセージ一覧

  1. 肩書と営業力とポスト不足
  2. 転職リスク(営業職)
  3. 営業マンを中途採用する時の注意点
  4. 営業(客先)に行きたくない
  5. “のび太式”営業テクニック
  6. 不機嫌な上司への対応
  7. 経営者は付き合う相手をより選ぶべき
  8. 営業ウーマンと女性進出
  9. 新人社員研修は楽しく
  10. 妬みと嫉妬が経済成長を阻害する
  11. 売上不振と需要不足
  12. タナボタ売上(嫉妬しちゃダメ)
  13. 営業マンを駄目にする組織
  14. 消費行動とタレント重視
  15. 自社製品購入ノルマ
  16. 労働集約型
  17. お金儲けと努力逆転の法則
  18. 上司へのゴマすり、おべっか、イエスマン
  19. セールス力の向上
  20. お金へのメンタルブロック解除する
  21. 退職強要と対応
  22. 貧乏社長
  23. ブルー・オーシャン戦略、ライバル不在の危険性
  24. ブラックユーザー
  25. 儲からない会社の特徴
  26. 冬の営業活動は服装に注意
  27. イエスマンを重宝するべし
  28. 部下を伸ばす褒め方
  29. 取引先は人相で選ぶ
  30. コミニュケーション能力の向上方法
  31. 組織と営業現場の老害対策
  32. お客との上下関係
  33. 営業力とメモ力
  34. 売れない物を売る方法
  35. 入社試験の選考基準と容姿
  36. 商談とお金の話
  37. 真面目は損
  38. 富裕層を探す、獲得する方法
  39. マイナンバー制度とビジネスチャンス
  40. 経営者はなめられない努力を
  41. 独立して失敗する営業実力者
  42. 起業と最初の売上

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る