スポンサードリンク

消費行動とタレント重視

確かタレントという言葉の本来の意味は”才能”だったのですが、どうも一般的にはテレビに出る人みたいな感じになってしまっていますね?

では先にテレビも関係する話を書きます。

消費者に貴方が商品を購入する時に何を一番重視しますかと質問したとしたら、どんな回答結果が出てくるでしょうかね?

  • 価格重視
  • 品質重視
  • コストパフォーマンス
  • 提供している企業

一般消費者の回答であれば以上のような事が上位に出てきますね。

けど実態を考えてみるとタレント重視がもっと上位に出てきてもおかしくないのです。

そうでなければメーカーが高額な出演料を支払ってタレントさんを使うわけないですよね?

言い換えればイメージとも言えるでしょう。

自分の大好きなタレントが商品の宣伝に出ていたら、とにかく買ってみるみたいなミーハー的な消費行動から始まって、何となくコマーシャルで見たから買ってみたみたいな人がとても多いのです。

別にコマーシャルで宣伝している商品が他の同類商品と比べてコストパフォーマンスが高いとは限らないわけです。

でも知らず知らずのうちにタレント重視で購入してしまう事が多いのです。

さて話は最初に戻りますがタレントという言葉の本来の意味は”才能”だと書きましたよね。

だから消費者行動とテレビコマーシャルの話を書かれても自分は無関係だよなんて事は無いのです。

つまり言いたいのは消費者が物を買う場合にタレント重視な場合が多いですよ、自分の会社として出来る範囲でそんな個人の才能を発揮できますか?って事です。

数ある中小企業の中には大手メーカー以上の品質の製品を安く提供している(場合によってはせざるを得ない)優良企業も沢山ありますけど、タレント性を一切考えていないので、売上が厳しいなんて場合も多いようです。

少し周りを見渡してみますと目立つところでは社長自らが広告塔になって売上を伸ばしている中小企業が有りますし、身の回りの中小零細企業でも営業マンのパーソナルな部分で顧客の心をがっちり掴んでいる場合も多くないですか?

ところがですね、何故か会社組織というのは個人の人間性のようなパーソナルな部分をむしろ消去しようとする力が働くのですよね。

そりゃ大企業のような大きな組織にもなりますと、個人の個性が強く出ていると不都合な事が沢山出てきてしまうので、それが正常な考え方だと思います。

けど中小企業が大企業の真似をすれば大企業になれるのですか?

例えて言うならば小兵が横綱相撲をとっても負けるだけなのですよ。

そんな訳ですから小さい企業には小さいなりのタレント重視の活用法があると思うのです。

スポンサードリンク

メッセージ一覧

  1. 肩書と営業力とポスト不足
  2. 転職リスク(営業職)
  3. 営業マンを中途採用する時の注意点
  4. 営業(客先)に行きたくない
  5. “のび太式”営業テクニック
  6. 不機嫌な上司への対応
  7. 経営者は付き合う相手をより選ぶべき
  8. 営業ウーマンと女性進出
  9. 新人社員研修は楽しく
  10. 妬みと嫉妬が経済成長を阻害する
  11. 売上不振と需要不足
  12. タナボタ売上(嫉妬しちゃダメ)
  13. 営業マンを駄目にする組織
  14. 消費行動とタレント重視
  15. 自社製品購入ノルマ
  16. 労働集約型
  17. お金儲けと努力逆転の法則
  18. 上司へのゴマすり、おべっか、イエスマン
  19. セールス力の向上
  20. お金へのメンタルブロック解除する
  21. 退職強要と対応
  22. 貧乏社長
  23. ブルー・オーシャン戦略、ライバル不在の危険性
  24. ブラックユーザー
  25. 儲からない会社の特徴
  26. 冬の営業活動は服装に注意
  27. イエスマンを重宝するべし
  28. 部下を伸ばす褒め方
  29. 取引先は人相で選ぶ
  30. コミニュケーション能力の向上方法
  31. 組織と営業現場の老害対策
  32. お客との上下関係
  33. 営業力とメモ力
  34. 売れない物を売る方法
  35. 入社試験の選考基準と容姿
  36. 商談とお金の話
  37. 真面目は損
  38. 富裕層を探す、獲得する方法
  39. マイナンバー制度とビジネスチャンス
  40. 経営者はなめられない努力を
  41. 独立して失敗する営業実力者
  42. 起業と最初の売上

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る