スポンサードリンク

真面目は損

私が社会に出てから知り合った会社経営者はざっと1000人にはなると思いますが、一見すると真面目そうな人だけれども、それなりにお付き合いをすると程よく不真面目さを持ち合わせている場合が多いですね。

特に人当たりのよい良い人タイプの経営者の方で、長年にわたって会社を維持してきたような人ほど、上手に自分の中に不真面目さを持っているように感じます。

さて今回何故?このような話題のコラムを書くかと言いますと、経営者は特にそうですけど営業職でも開発に従事するような人でも、接客サービス業で働いていても、程度の差はあれ何らかのプレッシャーですとか重圧というのがあるわけです。

で、この時には理不尽な重圧みたいなものも混ざっていたりするわけですけど、そーゆー奴を上手に受け流すというか、やり過ごす時に必要な能力というのは、真島一徹はあまり役に立たなくて、実は不真面目さだったりするわけですよ。

少しピントがずれた話になってしまいますけど、一時的には大成功を収めた経営者が運悪く経営破綻して私生活を暴かれてみると、かなり自由奔走な事をやっていて愛人も有りなんて場合があるじゃないですか?

ですから自分に不まじめなところがあるという人は意外と経営者に向いているのかもしれません。

それとちょっと話題を経営者から労働者方面に移したいと思います。

ちょくちょくネット上のニュースにいわゆるブラック企業のニュースが出てきますよね?

私が知りえるのはあくまでも報道ベースのものしか無いのですけど、真面目な人じゃないとブラック企業で働けないような気がしてしまうのです。

無報酬の長時間残業に始まって自腹での自社商品の購入ですとか、横暴な上司の言いなりで働かなくてはいけないとか、そんな労働環境では不真面目な人だったらさっさと辞めて他を探しますけど、ほんと真面目な人だから一生懸命頑張って働いてしまうのでしょうね?

だから経営者じゃなくても真面目は損だって事が言えるのではないかと思います。

では不真面目が得かというと、それは言い切れない話ですからね。

つまり

世の中、真面目だけでは通じない部分もある

と、いうことだと思うのです。

バランス感覚とでも言いましょうか、偏ることなく生きていくのが経営者にしても労働者にしても、良い人生を送るための秘訣じゃないかと思います。

スポンサードリンク

メッセージ一覧

  1. 肩書と営業力とポスト不足
  2. 転職リスク(営業職)
  3. 営業マンを中途採用する時の注意点
  4. 営業(客先)に行きたくない
  5. “のび太式”営業テクニック
  6. 不機嫌な上司への対応
  7. 経営者は付き合う相手をより選ぶべき
  8. 営業ウーマンと女性進出
  9. 新人社員研修は楽しく
  10. 妬みと嫉妬が経済成長を阻害する
  11. 売上不振と需要不足
  12. タナボタ売上(嫉妬しちゃダメ)
  13. 営業マンを駄目にする組織
  14. 消費行動とタレント重視
  15. 自社製品購入ノルマ
  16. 労働集約型
  17. お金儲けと努力逆転の法則
  18. 上司へのゴマすり、おべっか、イエスマン
  19. セールス力の向上
  20. お金へのメンタルブロック解除する
  21. 退職強要と対応
  22. 貧乏社長
  23. ブルー・オーシャン戦略、ライバル不在の危険性
  24. ブラックユーザー
  25. 儲からない会社の特徴
  26. 冬の営業活動は服装に注意
  27. イエスマンを重宝するべし
  28. 部下を伸ばす褒め方
  29. 取引先は人相で選ぶ
  30. コミニュケーション能力の向上方法
  31. 組織と営業現場の老害対策
  32. お客との上下関係
  33. 営業力とメモ力
  34. 売れない物を売る方法
  35. 入社試験の選考基準と容姿
  36. 商談とお金の話
  37. 真面目は損
  38. 富裕層を探す、獲得する方法
  39. マイナンバー制度とビジネスチャンス
  40. 経営者はなめられない努力を
  41. 独立して失敗する営業実力者
  42. 起業と最初の売上

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る