スポンサードリンク

マイナンバー制度とビジネスチャンス

いよいよお待ちかね?のマイナンバー制度が全国的に実施されましたが、今回は現段階で思いつく、マイナンバー制度におけるビジネスチャンスについて考えてみようと思います。

まず基本的な事を抑えておきますと

  • 国民全員に固有の12桁の番号が機械的に割り振られる
  • 番号の変更は原則不可で一生その番号
  • 情報管理は厳密に行われるらしい

ということで報道などではもっぱら行政サービスの向上にのみ的を絞って言われていますが、民間企業にマイナンバー制度のビジネスチャンスは無いのでしょうか?

マイナンバーの民間利用について番号を申告してもらう規制は無い

もちろん勝手に他人のマイナンバーを盗み出したり、それによって他人になりすました場合などは処罰されますし、当然やってはいけないことですが教えてもらったものを会員管理などに自社の顧客管理などに利用する事に制限は無いようです。

ですから例えば小売店が独自のお買い物会員カードにマイナンバーを利用する事は可能ですから、例えば番号だけでその他の氏名などの情報は一切なしで、会員管理をする事にすれば、紛失した場合でもマイナンバーカードを確認するだけで再発行は可能ですし、番号は変わらないのですから何十年でもずっと一連で会員管理が出来るわけです。

それから些細なビジネスチャンスかもしれませんけど、例えば今月はマイナンバーの番号下2桁が69番の方にはプレゼントがあります、みたいな使い方をしても方には触れないわけです。

これですと1人が1つの番号しか持っていませんから重複や不正は出来ませんし、なによりキャンペーンをやる側が、顧客に対して何らかの番号を発行したりするような手間もなく、直ぐに実行できるわけです。

危惧されるマイナンバー転売ビジネス

今後、銀行口座の開設などの場合にマイナンバーの確認が行われて、名寄に使われたり銀行口座を不正に開設したりできなくなるような制度になってきますが、その元になるマイナンバーを個人的に売買するような事は必ず出てくると思いますし、なりすましの被害なども出てくる事は十分に予測できますよね。

そうすると、例えばマイナンバー盗難保険ですとかマイナンバー管理サービスのような新しいサービスや商売が出てくるかもしれませんね?

ところでマイナンバー制度導入で行政は効率化されてスリム化されるのでしょうか?

制度導入にあたっては行政側の管理面が良くなるという説明になっていますが、それによって業務が効率化されるのであれば、とても喜ばしいことなのですけど、聞こえてくるのは、そのインフラ整備にかかった巨額の費用の事ですとか、マイナンバー制度を運営する為に必要な人員の確保の事ですとか、何だか行政機構が大きくなるような話しか目に入ってきませんね?

ですから民間企業としては、せいぜい知恵を絞ってマイナンバー制度をビジネスチャンスに出来るように考えていかなくてはいけないのです。

スポンサードリンク

メッセージ一覧

  1. 肩書と営業力とポスト不足
  2. 転職リスク(営業職)
  3. 営業マンを中途採用する時の注意点
  4. 営業(客先)に行きたくない
  5. “のび太式”営業テクニック
  6. 不機嫌な上司への対応
  7. 経営者は付き合う相手をより選ぶべき
  8. 営業ウーマンと女性進出
  9. 新人社員研修は楽しく
  10. 妬みと嫉妬が経済成長を阻害する
  11. 売上不振と需要不足
  12. タナボタ売上(嫉妬しちゃダメ)
  13. 営業マンを駄目にする組織
  14. 消費行動とタレント重視
  15. 自社製品購入ノルマ
  16. 労働集約型
  17. お金儲けと努力逆転の法則
  18. 上司へのゴマすり、おべっか、イエスマン
  19. セールス力の向上
  20. お金へのメンタルブロック解除する
  21. 退職強要と対応
  22. 貧乏社長
  23. ブルー・オーシャン戦略、ライバル不在の危険性
  24. ブラックユーザー
  25. 儲からない会社の特徴
  26. 冬の営業活動は服装に注意
  27. イエスマンを重宝するべし
  28. 部下を伸ばす褒め方
  29. 取引先は人相で選ぶ
  30. コミニュケーション能力の向上方法
  31. 組織と営業現場の老害対策
  32. お客との上下関係
  33. 営業力とメモ力
  34. 売れない物を売る方法
  35. 入社試験の選考基準と容姿
  36. 商談とお金の話
  37. 真面目は損
  38. 富裕層を探す、獲得する方法
  39. マイナンバー制度とビジネスチャンス
  40. 経営者はなめられない努力を
  41. 独立して失敗する営業実力者
  42. 起業と最初の売上

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る