スポンサードリンク

転職リスク(営業職)

営業職というのは離職率が高くて中途採用者も多いので他の職種に比べて転職時のリスクは低いです。

特にある一定以上の営業経験が有る人であれば特定の企業で全然目が出なかった人でも転職して違う会社で働き出したら、まるで水を得た魚のように活き活きと働き出して重要な営業戦力になる場合も少なく無いですから、もし今の会社で営業として芽が出ていない状態でしかもまだ40歳以下でしたら転職は悪く無いと思います。

ただし今働いている会社でトップ営業マンとして働いているのだけど、どうも待遇が働きに見合っていないだとか、上司が気に入らないなどの人間関係などによってせっかく今の会社で出来る営業として働いているのに大きな夢を見て転職するのはある程度のリスクがあると思っておいたほうが良いでしょうね?

まずその理由として自分の実力と会社の看板とどちらで売れているのかって事を冷静に考える必要があるでしょうね?

ざっくり書いてしまいましたら中小零細企業の営業職の方でしたら、まぁ何処に行ってもそれなりに使えるのですけど、大きな企業に勤めていた俗にいうエリートな人ってのは転職して他の会社に行った途端にただの人ならまだしも、プライドだけは人一倍な使えない人になってしまう場合が少なくないのです。

まぁ名もなき会社と有名企業を名乗っての場合と、そりゃあポイントを取るという営業活動の最初の一歩の段階で、難易度が会社によって全然に違うのでありまして、聞いたこともないような会社から電話がかかってきてアポイントをお願いされる場合と、例えば三井とか三菱あたりの大企業からアポ電話が来た時と全然違いますからね?

この辺りは実際私が上場企業から独立して同じように営業活動をしてみて、その違いにびっくりした実体験から書いています。

後ですね意外と企業が固有に持っている文化の違いって大きいのですよ。

この企業文化というのは具体的に書くのが難しいのですけど、老舗の石橋を叩いて渡る方式で何事も準備万端整えて販売に乗り出すような企業がある反面、とにかく走りながら泥縄式で販売を開始する企業ですとか、同じものを販売していてもそのやり方が全然違うですとか文化の違いって結構大きいのです。

それに素直に素早く馴染めて対応できるような人なら良いのですけど、すっかり今まで務めてきた企業文化に染まっているような人は、例え実力があったとしても転職して失敗する確率が高いと思うのです。

ですから他人の意見を聞く必要性は低いですけど、自分のことは冷静に判断する必要があると思うのです。

スポンサードリンク

メッセージ一覧

  1. 肩書と営業力とポスト不足
  2. 転職リスク(営業職)
  3. 営業マンを中途採用する時の注意点
  4. 営業(客先)に行きたくない
  5. “のび太式”営業テクニック
  6. 不機嫌な上司への対応
  7. 経営者は付き合う相手をより選ぶべき
  8. 営業ウーマンと女性進出
  9. 新人社員研修は楽しく
  10. 妬みと嫉妬が経済成長を阻害する
  11. 売上不振と需要不足
  12. タナボタ売上(嫉妬しちゃダメ)
  13. 営業マンを駄目にする組織
  14. 消費行動とタレント重視
  15. 自社製品購入ノルマ
  16. 労働集約型
  17. お金儲けと努力逆転の法則
  18. 上司へのゴマすり、おべっか、イエスマン
  19. セールス力の向上
  20. お金へのメンタルブロック解除する
  21. 退職強要と対応
  22. 貧乏社長
  23. ブルー・オーシャン戦略、ライバル不在の危険性
  24. ブラックユーザー
  25. 儲からない会社の特徴
  26. 冬の営業活動は服装に注意
  27. イエスマンを重宝するべし
  28. 部下を伸ばす褒め方
  29. 取引先は人相で選ぶ
  30. コミニュケーション能力の向上方法
  31. 組織と営業現場の老害対策
  32. お客との上下関係
  33. 営業力とメモ力
  34. 売れない物を売る方法
  35. 入社試験の選考基準と容姿
  36. 商談とお金の話
  37. 真面目は損
  38. 富裕層を探す、獲得する方法
  39. マイナンバー制度とビジネスチャンス
  40. 経営者はなめられない努力を
  41. 独立して失敗する営業実力者
  42. 起業と最初の売上

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る