スポンサードリンク

組織と営業現場の老害対策

会社組織というのは中から崩壊する事のほうが多いとも言われていますが、今回のコラムでは老害とその対策について考えてみたいと思います。

特に老害の影響が大きいのが営業現場なんですよね。

特にバブルの好景気な時に抜群の営業成績を出していた営業マンが出世して第一線を退いて管理職になっているなんて事は多いですよね。

そんな中でも努力と根性で物を売ってきた営業マンというのは、とっくに時代が変わっているのに、同じことをやらせようとしたり、何か改革しようとすると邪魔をするなんて事も少なくないのかもしれません。

であーだこーだ若い営業マンに口出しするけど、実際に自分が現売に出てお手本を見せるかといえば、それは絶対にしないなんて老害の見本みたいな人は職場にいませんか?

彼らとすれば自分は老害だなんてこれっぽっちも思っていなくて、自分なりに一生懸命部下にノウ・ハウを教えているつもりなのでしょうけど、けっこう若い社員からは単に邪魔な存在としてしか感じていない場合も多いと思います。

ただ会社としても長い間、会社の売上に貢献してきた営業マンを年配になって邪険にするわけにも行きませんし、そんな事をすれば若い営業マンも将来に不安を感じますから、老害社員だと分かっていても放置する場合も少なく無いと思います。

特に典型的な例としてどうも管理職としての適性が無いために、管理職は自分より年下の後輩が就任して、自分は現場の主になっているみたいな場合ですね。

このような構図の場合は管理職もやりにくいですし、若手の営業マンとしても上司の管理職社員からの指示命令以外に、老害社員から色々言われたりするので迷惑この上ないという例もあると思います。

でそういった老害対策ですが、やはり指示命令系統をしっかりさせて、責任の所在を明確にしないと対策は取れないと思うのです。

会社の組織内で老害の問題が起きても、責任の所在がしっかりしていれば対応できますし、責任の無い社員の発言は無視したり後で対応を取ることができるからです。

昔の多くの企業に余裕があった時代でしたら、窓際族とか閑職と言われるポジションがちゃんと用意されていて、老害対策ができていました。

そういったポジションが合理化などによってどんどん消えていったわけですけど、それが逆に老害という弊害を生み出しているような気がするのです。

スポンサードリンク

メッセージ一覧

  1. 肩書と営業力とポスト不足
  2. 転職リスク(営業職)
  3. 営業マンを中途採用する時の注意点
  4. 営業(客先)に行きたくない
  5. “のび太式”営業テクニック
  6. 不機嫌な上司への対応
  7. 経営者は付き合う相手をより選ぶべき
  8. 営業ウーマンと女性進出
  9. 新人社員研修は楽しく
  10. 妬みと嫉妬が経済成長を阻害する
  11. 売上不振と需要不足
  12. タナボタ売上(嫉妬しちゃダメ)
  13. 営業マンを駄目にする組織
  14. 消費行動とタレント重視
  15. 自社製品購入ノルマ
  16. 労働集約型
  17. お金儲けと努力逆転の法則
  18. 上司へのゴマすり、おべっか、イエスマン
  19. セールス力の向上
  20. お金へのメンタルブロック解除する
  21. 退職強要と対応
  22. 貧乏社長
  23. ブルー・オーシャン戦略、ライバル不在の危険性
  24. ブラックユーザー
  25. 儲からない会社の特徴
  26. 冬の営業活動は服装に注意
  27. イエスマンを重宝するべし
  28. 部下を伸ばす褒め方
  29. 取引先は人相で選ぶ
  30. コミニュケーション能力の向上方法
  31. 組織と営業現場の老害対策
  32. お客との上下関係
  33. 営業力とメモ力
  34. 売れない物を売る方法
  35. 入社試験の選考基準と容姿
  36. 商談とお金の話
  37. 真面目は損
  38. 富裕層を探す、獲得する方法
  39. マイナンバー制度とビジネスチャンス
  40. 経営者はなめられない努力を
  41. 独立して失敗する営業実力者
  42. 起業と最初の売上

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る