スポンサードリンク

営業ウーマンと女性進出

社会進出したい女性を支援したり差別することのないように国が何かを民間企業に対して規制したり、推進したりする事は非常に良いことだと思いますけど、これが目的が何が何でも女性を働かせて税金を取りましょうみたいな方向になってはいけないと思うのです。

専業主婦が良いと思っている女性だって沢山いるのですから、そんな人の権利も守るというより、旦那だけの稼ぎでも普通に生活できる状態じゃないといけないのですよ。

そんな話題は以前に書いた記憶がありますので、今回話の中心は女性の営業マンつまり営業ウーマンについてです。

さて一部の業界では営業といえば何とかレディといった感じで女性だけの職場になっているところもありますけど、IT業界ですとか人材派遣業界なのでも営業ウーマンですとかレディの姿をよく見るようになりましたね。

実際そんな営業レディと一緒に働いたこともありますし、お客として営業されたことも何度もありますけど、結論から言えば下手な男性営業マンよりもよっぽど営業力が有ると感じます。

真面目、押しも強い、余計な事を考えないなんて長所をあげたら沢山あるのですけど、本質的には男性客というのは女性の営業に弱いって事を無視するわけにはいかないのでは無いでしょうか?

これは個人的な独断ではありますが、女性客というのは同じ女性からのほうが安心して購入できるという考えの人は少なく無いと思います。

逆に男性客のほうでやっぱり買うなら男性から買いたいなんて人は少なくて、若い営業レディなんて来てしまったら、鼻の下を伸ばしてしまうとか、何となく見えを張ってしまうとか、なんだかんだで女性営業レディに弱い男性が多いのですよね。

まぁお前もそうだろうと言われたら素直にハイと答えてしまう私がいるのですが、実際そうなんですよ。

つまり一部の例外を除いて女性客に強くて男性客にも強い(というか男性客が弱い)のが営業レディだったりするわけです。

では営業レディに欠点や死角は有るのでしょうか?

実は女性だからという欠点や死角は殆ど無いのですが、一つだけあると思います。

それは上司次第なところなんですね?

これもまた独断で書かせていただきますが男性社員の場合は嫌いな上司のもとでもまぁ仕事だからしかたがないかみたいな感じで、一応は真面目に仕事に立ち向かう人が多いと思いますが、女性の場合では嫌いになったら徹底して嫌いみたいな場合が多いように思います。

ですからもし貴方が経営者で営業職として女性を活用しようと考えているのでしたら、まず自分が女性から好かれる人になるのが成功するか失敗するのかの分かれ目になると思うのです。

スポンサードリンク

メッセージ一覧

  1. 肩書と営業力とポスト不足
  2. 転職リスク(営業職)
  3. 営業マンを中途採用する時の注意点
  4. 営業(客先)に行きたくない
  5. “のび太式”営業テクニック
  6. 不機嫌な上司への対応
  7. 経営者は付き合う相手をより選ぶべき
  8. 営業ウーマンと女性進出
  9. 新人社員研修は楽しく
  10. 妬みと嫉妬が経済成長を阻害する
  11. 売上不振と需要不足
  12. タナボタ売上(嫉妬しちゃダメ)
  13. 営業マンを駄目にする組織
  14. 消費行動とタレント重視
  15. 自社製品購入ノルマ
  16. 労働集約型
  17. お金儲けと努力逆転の法則
  18. 上司へのゴマすり、おべっか、イエスマン
  19. セールス力の向上
  20. お金へのメンタルブロック解除する
  21. 退職強要と対応
  22. 貧乏社長
  23. ブルー・オーシャン戦略、ライバル不在の危険性
  24. ブラックユーザー
  25. 儲からない会社の特徴
  26. 冬の営業活動は服装に注意
  27. イエスマンを重宝するべし
  28. 部下を伸ばす褒め方
  29. 取引先は人相で選ぶ
  30. コミニュケーション能力の向上方法
  31. 組織と営業現場の老害対策
  32. お客との上下関係
  33. 営業力とメモ力
  34. 売れない物を売る方法
  35. 入社試験の選考基準と容姿
  36. 商談とお金の話
  37. 真面目は損
  38. 富裕層を探す、獲得する方法
  39. マイナンバー制度とビジネスチャンス
  40. 経営者はなめられない努力を
  41. 独立して失敗する営業実力者
  42. 起業と最初の売上

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る