水瓶座の仕事運

今年もはや残り12時間を残すだけとなりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は占いとか易の類は信じませんが仕事だったら調子の良い時と悪い時が入れ替わるように交互にやってくるとか、何をやっても上手く行く時期が有ったりまたその逆に失敗続きの不運な時期があって、いつまでも同じツキのままって事は無いのもまた事実なんですね。

まぁ好調の時と不調な時の長さは人それぞれに違いがあって成功した人は不調の時が短くて成功した人は極端に仕事運の好調期が長くて、何をやってもうまくいかないって人は、不調時が10年のうちで一年だけなんて言う極端な人もいるかも知れませんけどね。

そんなわけで過去の私の状況を仕事運に限って振り返ってみまして2014年を予測してみますが、なんとなく本コラムのタイトルにみずがめ座のって何故か星座を入れてしまったんですけど、絶対なる自信があるものと違ってなんとなく感じるってレベルの話なものですから、水飴座の私ってことで軽く考えて下さい。

さて私の場合、仕事の好調と不調ははっきりと裏表が入れ替わるのではなくてだいたい4~5年程度のスパンで徐々に道が開けていて気がついたら随分と売上げ好調じゃないかって気がついてみたり、ちょっと調子がいまいちなのが続いたりと、徹底して大成功するってことも無い代わりに、もうこんな状況じゃ樹海行きのバスに乗るしか無いような、どん底にまで落ちないのが特徴なのでありまして、過去の4~5年を振り返ってみますとどうも平均よりも下をうろついていましたので、まぁそろそろ平均的な仕事運くらいまで持ち直してくるんじゃないかと思っているところです。

ただかなり不安なのが一個人の仕事運なんてものを簡単に吹き飛ばしちゃうような大きなイベントってのが有りまして、年が明けて2014年4月から消費税の増税が待ち構えているのでありまして、これが私の商売相手として最も多い、中小企業の業績にどのように影響してくるのか、不安も大きいですね。

仕事運ってのは他の恋愛運だとかと違いまして白黒はっきりさせることが難しい反面、売上数字だとか最終的な利益って数字で表しやすいんですけど、可処分所得が確実に増税分だけ減少するんですから仕事運が昨年よりも2%ほど上向いて来ていたとしても、それを上回る消費増税が実施されてしまえば差し引きマイナスで、本当は運気上昇中なんだけども数字で見るとマイナスでそのことに気が付かないって事になってしまうのではないかと思います。

そうなるとみずがめ座の人も何もほかの天秤座の男もさそり座の女もみんなでハンディキャップレースに揃って参加する来年一年間って事になりますね。

では、皆様良いお年をお迎えくださいませ。