営業活動と体臭対策の方法

これから梅雨を経て暑い夏がやってきますが外回りの営業活動ってのは今日は猛暑日なので外回りは諦めて事務所で雑用をなんて事は出来ませんから、とにかく会社から外に出て売上を作ってこなくちゃいけないわけですよ。

背広の上下に革靴が基本ですからただでさえ日本の夏は高温多湿な上に歩きまわるなんて行動までプラスされてきますので、特に新規顧客開拓の営業マンなんてのは体臭にまで気を配らなくちゃいけないわけですよ。

なんといっても飛び込み営業とかいった新規顧客開拓の仕事なんてのは、中身を説明して営業活動に入る前に、訪問して挨拶して話を聞いて貰うまでにただでさえ高い壁が立ちはだかっているのに、そこに汗臭い体臭を周囲に振りまいて客先を訪問するなんて事を致しましたら、まぁ訪問即お断りになる確率が三倍は跳ね上げるでしょうね。

そんなわけですから営業マンたるもの特に夏は営業の中身以前に体臭対策をしっかりしなくてはいけないのでありまして、汗かきな多汗症な人は夏場だけ営業を休んで他の業務につければ良いのですけど、そうはいかないのでこれも業務の一環だと思って体臭対策に励みましょうね。

さてその体臭対策の方法ですけれど先ずはこまめに濡れティッシュなどで汗を拭き取ることが第一歩でしょうね。

最近は各種デオドラントとか制汗剤の類が色々と販売されていますから、その手の物に頼るのも必要ですけどダラダラと流れ落ちるような汗ですとか脇の下なんてのはやっぱりこまめに拭き掃除しないと太刀打ち出来ないんですよ。

ですから汗をかく前にとかとにかくこまめに体を拭く事が体臭対策についての必須事項で、逆にやってはいけないのはやたらとオーデコロンとか香水の類で誤魔化そうとする行為です。

私の会社にも色々と飛び込みの営業さんがやって来ますけど中には私はオーデコロンの国からやって来ましたなんて感じの、たぶん10メートル離れていてもそのコロンの香りで所在が把握できてしまうような人がやってきますけど、そんなやつを応接室に招き入れてしまったら丸一日はその妙な香りが漂ってしまうのでお断りなのであります。

あとですね汗をかくからと言って水分を極力取らないようにしている人がたまにいるようですけど、それはむしろ逆効果であって本来は積極的に水分を摂取して不純物だかなんだかを体から輩出する形のほうが体臭には良いと思いますよ。

ただしこまめな汗拭きは大切ですけどね。