売掛金の回収、借りている方が強い

営業マンの仕事は商品を販売して売った代金を回収するまでが仕事で、売掛金の回収ができないならなにもしないほうがマシだと新人研修で言われた人も多いと思いますが、これをお読みいただいている営業マンの中にも販売代金の回収に苦労している人もいらっしゃるのではないでしょうか?

私もサラリーマン時代と自分で会社を始めた初期の頃にはこの代金回収で苦労したことがありますけど、特に中途半端な金額ですと債権を持っているほうよりも借りている債権者のほうが立場が強くなったりするのが困ったもので、これも相まって回収が滞っている案件ってのはストレスの原因になるわけですよ。

会社員時代のメーカーに勤めていた時もそうなんですけど、回収代金が数百万円単位でしたら経営的な事は別に致しまして、営業マンとしては顧問弁護士を使って訴訟を起こすなり法的手段を取る選択権を手にしている状態になるのですけど、これが数万円とか20万円とかの債権ですと訴訟を起こしても手間と費用のほうが上回ってしまいますから、とにかく取立てとか催促を継続するしか無いわけです。

ただ代金の支払いを求めて裁判を起こして勝訴しても、実際のところ裁判所から支払の命令が出るだけのことで、回収や取り立てまではやってくれませんから、相手に本当にお金がない状態なら回収は不可能なわけですから結構厄介なんですよ。

さて世の中には図太い人も結構いるようで、まぁ企業経営とか自営業をやっているんでしたら図太いところもないとやっていけないのかもしれませんけど、売買契約書をしっかり交わして商品も受け取って支払いの段階になったら、支払わないで逃げまわるとか催促しても金は無いの一点張りで開きなおちゃう人が存在するのでして、これって営業マンにとって実はお手上げのお客になってしまったりするわけですよ。

営業マンとしては支払って下さいしか言えないわけですし、もう一日でも早く一括で返済してもらわなくちゃいけない状況なのに、相手が毎月千円なら支払うなんてふざけた返答をしても、全く代金回収できないよりも少しずつでも回収う出来たほうがマシだなんて感じで、何故か回収する側に選択権がなくなってしまっている状況になっちゃったりするんですよね。

で有効な解決方法が有るかと言えばせいぜい商品を回収するとか今後の取引を一切しないみたいな消極的な改善策は有っても解決策が無いわけですよ。

ですから販売前に代金の回収について慎重になってもなり過ぎって事は絶対ないわけです、私もこれで何度も商談を自ら打ち切りにした事がありますが、そのくらいで調度良いと思うのです。