ドミノ現象

ドミノ現象とは日本語では雪崩現象って言葉が一番近いと思いますが、小さなきっかけを起点として、大きな範囲に影響が及ぶって言いますか、現象が連 鎖するって事ですよね。

もう少し日常生活ですとか、普段の社会生活で考えてみますと、会社組織の中でも起こりうる事でありまして、大きな現象ですぐに起こっている 事が把握できる場合と、深く静かに進行して、なかなかドミノ現象、なだれ現象の連鎖が起こっているのに誰も気が付かない場合とが有ると思います。

気 の緩みってやつですとか、モチベーションの低下なんてやつも、組織全体に一気にって感じではなく、誰か一人の社員の気の緩みですとか、モチベーションの低 下から始まるような気が致します

一人から始まった、気の弛みですとかモチベーションの低下に対して、上司なり同僚の誰かが気が付いて是正す る動きになれば良いのですが、他の社員に伝染しますと、やがてドミノ現象、なだれ現象が始まりまして、組織全体に広がってしまうので有りますね?

こ れは組織って形態になりますと、起きる可能性は全ての組織に有るのでして、ドミノ現象防止マシンとか、雪崩防護柵って役目を果たせる社員が多いのか、それ とも簡単に減少に加わってしまう社員が多いのかってのは、結構重要だったりするのでは無いでしょうかね?

実際の雪崩現象ってのは雪山に行か ない限り遭遇する事はないのですが、人間が主体で引き起こす、なだれ現象、ドミノ現象ってやつは2人以上に人間が存在しますと、起きる可能性が出てくるの で有りますから、実はとっても身近な現象なんですよね?

追伸
私も過去には大きな組織の中で働いていた経験が有りまして、職場によっ ては結構簡単にドミノ現象が起きるんですよね?
まあ稀には良い方向に全員が動くって事も有りますがね?

では今回のコラムはこれにて 終了とさせて頂きます。

朗読版