大風呂敷を広げる

今回のコラムのテーマは大風呂敷って内容で書こうと思いますが、何も風呂敷の事を書こうって訳ではなく、とにかく直ぐに大きな話を致しまして、多く の場合は実現しない、または小さい風呂敷になってしまうって感じの人の事を書こうと思います。

さてその大風呂敷を広げるって人には2つのタ イプが有ると思います。

一つは実現不可能な事に対して大風呂敷を広げて実際に実現できないで終わってしまう単なるビッグマウスで終わってし まうタイプ。
もう一つは周りの誰もが、信じられない大きな事を言って、実現してしまうタイプで有りまして、こちらは先ずは自分で大きな目標を立て てしまって、その目標を達成する為に、頑張ってやり遂げる人で、自らに高い目標を課して逃げられないように周りに公言するタイプです。

勿 論、どっちが良いかってのは考えるまでもなく、後者の大きな目標を設定して、それに突き進んでいくタイプですよね?

私が思うには、普通の人 が実現できないような事を成し遂げる人ってのは、周りに大風呂敷だと言われようが、とにかく先ずは広げちゃうって人が多いのではないかと思いますね。

そ う考えますと、一般にあまり良いイメージで語られる事はないのですが、大風呂敷を広げるって事も、全てを否定できないような気がしてきますよね?

ま あ、もちろんい多くの場合は前者の単なるビッグマウスって場合が多いのですがね?

ただ、時として大きな大きな夢を実現する為には、時には大 きな風呂敷広げる必要もあるのかも知れないですよね?

追伸
私の同業者の若い営業マンですがやたらと大風呂敷を広げちゃう人がおりま して、最初はよくそこまで大きな事を言って後でどうするんだろって思っていたのですが、どうも自分の言った事を奇麗さっぱり忘れちゃう人のようでして、ま あそうゆう性格でないと出来ないんでしょうね?

朗読版