肩書きに騙されるな

権威に弱いのはまだ理解出来ると致しまして、たんに自分で勝手に考えて付けただけの肩書きに騙されてはいけませんよってのが今回のコラムのテーマなのですが、私が多少知っているコンサルタントの中には何とかプランナーだとか、戦略何とかアドバイザーだとか耳障りが良いと言いますかなんだかスゴそうな肩書きを勝手につけている人がいますけど、実際のところ中身は空っぽだったり書籍や誰かの受け売りをもっともらしく話しているだけの、コンサルタントの出来損ないのような場合も良く有る話です。

もちろんファイナンシャルプランナーのようにちゃんと勉強して試験を受けて資格をとって始めて名乗ることが出来る肩書きも沢山ありまして、そっちは怪しくもなんともないのですけどその手のちゃんとした資格と言いますか肩書きと紛らわしいような何とか戦略プランナーみたいな肩書きを使っている人の中にはまともじゃない人がかなり高い確率で混ざっていることが過去の体験から感じておりまして、私は基本的にその手の紛らわしい肩書きで欺くような人は信用しないことにしています。

まぁ逆にそれを利用しようとする人も出てくるでしょうけど、企業にしても個人事業主にしても肩書きは何をつけようと自由なんでして、昨日入社したばかりの新入社員に営業本部長の名刺を持たせてクライアントに訪問させても別に問題はないわけです。

でまぁじゃぁ何か顧客が信用してくれるようなもっともらしい肩書きを考えましょう、それで宣伝をしましょうなんてセコイ考え方が出てきているのだろうと思うのですが、コンサルタントを雇うとか利用しようと思ったときに、肩書きはある意味選考の要素のひとつになるでしょうね。

ですからこれから独立してコンサルタント業で食べていこうと思っている方の中で頭をヒネって何かハッタリの効く何とかアドバイザーだとか戦略何とかだとか考えだして使わない方がかえってお客の信用を得やすいと思いますので、凝らない方でせいぜいITコンサルタント程度にしておきまして紛らわしくてお客が誤解するような肩書きは付けない方が良いと思いますね。

たぶん私と同じように凡庸なコンサルタントほどネーミングに拘るって法則を信じている人は多いのではないかと思いますからね。

追伸
私もWeb関連のコンサルタントの真似事のような事をやっていますが、何かネーミングをつけようとか考えたことは一度もありませんが、それで損をしたって経験は一回もないのです。