仕事運を上げる方法

今回は少し非科学的な話になってしまいますが仕事運というものが確実に存在していて、それは個人の意志で引き寄せることが出来るという話を書こうと思います。

基本的に今から成長する産業を選ぶこと

どんなに頭が良くて能力の高い人であっても、斜陽産業に身をおいてしまいますと給料が増えないのは言うに及ばず、せっかく能力が高いのにうだつが上がらない人生を歩む可能性が高くなってしまいますね。

逆に少々能力が人並み以下の人であっても、これから伸びる新しい産業に身を投じた人の中には、人生大躍進するチャンスがたくさんあったり致します。

ですから日本には職業選択の自由があるのですから、10年後20年後まで予測して職業は考えなくてはいけませんね。

仕事運は人間関係に正比例します。

自分を引き上げて出世させてくれるのも、良い話を持ってきてくれるのも、営業の仕事でしたら貴方から何かを買ってくれるのも全て他人であって、貴方ではないのです。

ですから仕事運を上げる第一番の要素が成長産業を選ぶという事であれば、二番目は職場の人間関係だけにとどまらず全方向において人間関係を良好に保つという事になります。

二編目の要素と書きましたが間違えて斜陽産業に入ってしまったとしても、人間関係の構築に秀でていたら仕事運を引き寄せる可能性は非常に高くなりますからね。

仕事運の高い人の近くにいる

運は伝播すると思います。

私の周りにも何故か幸運が続いて影で努力はしているのですけど、それ以上に向こうから幸運が舞い込んできて仕事運が高いと思う人が居ます。

もし貴方が今よりも仕事運を上げたいと思うのであれば、試しにラッキーな人のそばになるべくいるようにしてみるという方法があります。

まぁおこぼれの光を貰うという事なのですけど、世の中を上手く渡っている人の中には意外とこのタイプの人が多くて、本人も自分に能力が無いことを十分理解していて、運が強くて輝いている人のそばに居ることで、自分も光を貰うって感じですね。

まぁ幸運は全て他人が持ってくるということにもつながってくるのですけどね。

朗読版