神頼み

意外となのか当たり前なのか100年以上の長きに渡って続いている日本の老舗企業の多くが、本社の一角に神棚が有ったり屋上に社が有って、節目節目で社長以下主だった社員がお参りしているのは普通の事です。

いまお読みの読者の半数が年始には会社で神社にお参りするといった事をやっているかと思いますが、時間と費用をかけてまでビジネスの世界に神頼みを持ってくる事をどう考えますか?

私の立ち位置を書いてしまいますと、単に神頼みというスタンスには否定的ですが、やるべきことをすべてしっかりやってですね、その上で効果があるのか無いのかはっきりしない神頼みもしっかりやっておくとういう姿勢は評価すべきだと思いますし、そのようなポジティブな神頼みを実践している企業には神のご加護が必ずあると思います。

経営も営業活動も力の根源は心です。

よっしゃー頑張るぞーって行動力が何処から湧いてくるかと言いますと、それは間違いなく人の心の中からですよね。

そのために人によっては出来ることは全部やった!

全部やったの中には神頼みという効果があるかどうかはっきりしない事まで含まれているんだから完璧だと思いこんで、実際の行動にも熱が入るって人もいると思います。

新人営業マンが初体験の飛び込み営業を行う前日にですね、近所の神社にでかけて商売繁盛、千客万来を願う行為をした場合と、しなかった場合ではもし統計を取ったとしたら売上的に有意な差が出てくる事は間違いないのでは無いでしょうか?

かのタイガー・ウッズも神頼み

頂点に上り詰めた後に長いスランプを経て奇跡の復活を無名のコーチとともに果たしたタイガー・ウッズですが、彼は敬虔なブッディストで大切な試合の前には、きちんと神頼みをするのだそうです。

つまり日頃から人一倍の努力をして技術的にもトップクラスと言って間違いないタイガー・ウッズほどの人でも、それでも神頼みもやっておこうという努力をしているわけです。

ですから私個人の意見として神頼みもやっておいて損はないと思うのです。

朗読版