新型コロナと偽旗作戦と火事場泥棒とNHK

  1. 偽旗作戦と火事場泥棒
  2. 新型コロナとNHK

偽旗作戦とは

元々敵の旗を揚げて相手を騙す作戦のことですが、別の使い方としてある目的を達成するために他の大きな事を作ってそっちのほうに相手が興味をしましている間に、本来の目的を達成してしまうような場合にも使われていると思っています。

似たような作戦?に火事場泥棒というのがありますが、これはご存知のように自らが起こしていないけど、世間の注目を集めている空きに達成が難しいと思われる目的を達成させてしまう手法ですね。

さて営業の現場でも値上げに使われる(活用する)事があります。

例えば原油高になったとして製造原価が1%上昇した時に世間全体が原油高に気を取られている時に、原油高を理由にして販売価格を5%アップさせて原価率を下げて利益率をアップさせるという方法です。

ページ上部に戻る

新型コロナとNHK

報道より

総務省が4月をめどに有識者会議を立ち上げ、テレビを持つ世帯だけが支払う今の仕組みの課題と改革の論点を整理する。ネット配信の番組をスマートフォンで楽しむ視聴者が増えることなどを想定し、テレビの有無にかかわらず全世帯が負担するドイツのような仕組みも含め幅広く検討する。

新型コロナの騒動が無かったら多くのメディアで取り上げられてNHKの目論見は簡単に達成できないと思いますが、火事場泥棒的な今の状況でしたら世間の注目が新型コロナに向いていますから、あっさりNHKの思惑通りに進んでしまうかもしれません。

最近の報道は新型コロナ一色になっていますが、その影で重大なことが密かに進行していないか注意しなくてはいけないのですが、マスコミが率先して偽旗作戦や火事場泥棒をアシストするような報道を繰り返していますからね。

ページ上部に戻る