家庭での節約術

こちらのコラムでは企業・工場の経費削減やコストダウンについて書いていますが、職場で徹底して節約しておいて家庭に帰ればおもいっきり浪費するってものおかしいと思いますので、今回は家庭での節約について思うところを書いてみる事に致します。

まあ家族の状況などの違いは有りますが、徹底して行えば節約が積み重なって大きな貯金が出来た方も沢山いるようですので、それらの節約方法を書いてみようと思います。

素早く寝る

寝れるのでしたら8時でも9時でも素早く寝てしまうのが基本でありまして、素早く寝てしまえば電気代も掛かりませんし、冬などの暖房費も節約できますし余計な夜食などを食べる時間も無くなくなりますし、素早く寝るって事はお風呂への入浴も家族が居る場合にまとめて短時間で済ます事になりますので、ガス料金も節約できるでしょうね。
この辺りは企業が経費削減を行う場合に真っ先に残業を無しにするって方法に通じるところが有りますね。

NHK受信料の解約

テレビなんて無くたって生活できるのです。

新聞の購読

毎日、隅から隅まで新聞を読む人は別ですが新聞を購読するよりもインターネットに接続して情報を収集するほうが多くの情報を収集できますし、なによりも操作された情報で世論操作される状態になるよりも、バランスの取れた考え方が出来るようになります。

その他には勿論、余計な遊興費とか無駄な買い物とかをしないって事が必要で、あらゆる開運グッズの類を購入したり、お金が集まるように風水グッズを購入するなんてのも、無駄な出費でしか無く、風水グッズの業者やDrコパのような人が儲かるだけで、風水グッズを購入した本人は余計な出費をするだけで、お金が入ってくる事は有りませので、そのあたりは気をつけたほうが良いでしょうね?

最後に食費です。

勿論、節約献立とか食材を上手に使って安い材料で美味し食事ってのは大いにやるべきですが、極端にとか必要以上に食費を節約するのは考え物ですね。
私が思うにはNHKの受信料を支払って食費を削っているような人もいるかもしれませんが、そんな事しているのでしたら、さっさとテレビを処分してNHKを解約してしまったほうが良いのではないでしょうか?

追伸

家庭内での節約を徹底して行いますと自然と節約する考えや気持ちが身についてきますので、それが企業運営における経費削減へも繋がってくるのではないでしょうかね?

日本中が節約に走ってしまうと一気に不景気になってしまいますが、今は地球全体で節約を考える時期ですからね?