まとめ買いと節約効果?

原油価格の高騰で一時期よりは郊外型大規模ショッピングモールやディスカウントショップやアウトレットモールの人気が落ちたとは思いますが、それでも休日になりますと安いところでまとめ買いして節約しましょうと考える買い物客で賑わっておりまして、帰るときには車いっぱいに荷物を積み込んで帰る人も珍しくないのですが、今回のコラムではまとめ買いは節約になるのかどうかを考えてみたいと思います。

さて大型ショッピングモールに出かけまして目的の商品が有る場所以外には一切目もくれずに、常に最短距離で移動してレジを通過したら一目散で最短距離を走行して帰宅するって人は極少数派だと思いませんか?

そりゃまぁわざわざ自動時間を使ってガソリン代を使って出かけたのですから、一通りは店内を歩きまわりまして何かお買い得品が無いか店内をぶらつくのは当然の行動ですし、一通りは店内を散策しませんと超お買い得商品を買い逃してしまうかもしれないのですが、そりゃお店の方も何とかして一つでも余計に買って貰おうと、あの手この手でお客を待ち構えていますので、思わず手にとったら最後、イチローよりも高確率で商品をショッピングカートに入れてしまう人も少なくないのでは無いでしょうか?

まぁお目当ての品を安く変えたのは良いけれど、無駄な買物をしてしまって総支出額が増加して車に積み込む荷物が増えて燃費が悪くなって、しかもただでさえ狭い家の中が益々狭くなってしまったのでは、元も子もない訳ですが、それはストレス発散で仕方が無いと割り切るか、何らかの防衛策を取るかのどちらかでしょうね。

一つの方法として必要な現金以外は持ち歩かないで、クレジットカードも家に置いていくって方法が有りますが、そのあたりは店舗側もカード会社もカード利用の買物の場合はポイント還元でメリットを提供していまして、年間で考えますとポイントの額もバカにならないので有りまして、実現が難しい人も多いのではないかと思います。

ですから唯一の無駄使い防御策と致しましては事前に買物メモを作成して、予算額を決めて無駄な買物をしない強い意志を持つことと、家計簿を付ける事くらいになってしまうのでしょうかね?

それともう一つの節約方法として、ショピングモールまでのガソリン代も良く考えて、例えば月に二回買物に行っていたのを回数を半分に減らしまして、二ヶ月に一回にするくらいでしょうかね?

ただこうやって景気が落ち込んで行くスパイラルが進んで行くのも事実なのですよね。