フードビジネス、飲食店で独立

独立開業を志す方の中で多くの人が飲食店、フードビジネスで独立をしようとされる方がいらっしゃると思います。
フードビジネス、飲食店で独立で独立を考える場合、
フランチャイズに加盟するか、フランチャイズには加盟しないで自分で頑張るかの選択が出てきますね。

独立開業しての生存率の問題が出てきますが、手元に詳しい資料が無い(たぶん正確な数字は誰も分からないと思いますが)、独立開業してからの生存率ですとやはりフランチャイズ加盟店のほうが低いのが現実です。

生存率だけをとってみて、独立開業するにはフランチャイズチェーン店に加盟したほうが良いと判断する訳にはいかないですが、最近の外食産業は非常に競争が激しくなっていまして、品質競争、価格競争が激化していますので、個人で飲食関係で独立してやっていくのは厳しくはなってきているようです。

ただ、人に使われるのがいやで独立した方が多いとは思いますので、自分の力を試してみるべき、フランチャイズチェーンに加盟しないで独立開業するのも、意気込みがあれば良いことだと思いますよ。

追伸
原油高、食糧価格の高騰を背景に飲食業界も厳しい淘汰の波が更に高くなってきてしまいました。

多数のチェーン店を抱えるフランチャイズ本部においても、原材料の価格の上昇を社内で吸収する事が難しくなってきて、メニューの見直しや価格の改定に着手する飲食店が増えてきましたね。

こうなってきますと飲食店で独立開業するにあたって、フランチャイズに加盟するのであれば、本部の力を見極めませんと泥舟に乗ってしまうことになりかねないのが現状だと思います。

くれぐれも、フランチャイズ加盟の説明会などで、安易に本部の言葉を信じることなく、慎重に見極める必要が有るのであります。