簡易裁判所を徹底活用しよう

別にSOHOとか個人事業に限った事ではないのですが、いわゆる不払いだとか取りはぐれの類の回収不良が気をつけていても発生してしまう場合が有りますが、相手が倒産でもしてしまって少額であれば諦めもつきますが、支払いを拒む相手がのうのうと営業を継続している場合は、何度か催促や請求を行って埒があかなければ、さっさと簡易裁判所に申し立てを行って、裁判所で白黒はっきり付けたほうがすっきりしますし、 SOHOであってもやる時はやるって堂々とした態度が必要だと思いますね。

ここで簡単に簡易裁判所を利用した債権の回収(少額訴訟)について簡単に書いておきますが、訴えが出来るのは60万円以下の請求に限り、費用は一万円以下(訴訟費用+切手代)で手続きも弁護士に依頼しなくても自分一人で可能な簡素化された内容になっており、泣き寝入りするよりも少額訴訟を起こすほうがすっきりしますよ。(詳細は裁判所のホームページでご確認下さい)

まあ裁判所で白黒付けようとする場合に、弁護士に依頼する必要が有るとか、費用がかかってしまって少額の請求の場合に訴訟費用の容易が必要だとか、日数がかかってしまって仕事に支障が出てしまうなどの問題が有りましたが、簡易裁判所を利用した少額訴訟はそれらの問題点をクリアした制度になっていまして、訴訟費用も1万円程度ですし申し立ても全て自分で行って、裁判も原則一日で判決が出ますので、自分の正当性がはっきりしている場合は利用しない手は無いと思いますね。

まあ何と言いますか例えば2万円の請求を払って貰えなかった場合を考えますと、裁判の申し立てや裁判当日などで丸一日分が、裁判関係で取られてしまう事になるのですが、経営者の時給を考えると裁判を起こして勝訴したとしても、時間的なロスを考えますと、良くてトントンでもしかしたら厳密に時間を勘案すると赤字になってしまう場合も有るかも知れませんが、個人的には少額でも請求、回収に関してだけはしっかり片を付けないと、後々の経営に不安が残ると思いますね

ここからは個人的な考えなのですが、それなりの企業を退職して独立してSOHOとして仕事を始めまして、やっているうちに会社の規模に合わせて?気持ちが弱くなってくる人も中には存在するので有りますが、別に身にまとった会社組織って衣が替わっただけで中身は一緒なのですが、人間性まで変わってしまうのはどうかなって思いますね。

簡易裁判所の少額訴訟はまさに零細企業やSOHOの為にある仕組みだと思いますね。