給料カットと士気の低下

今回のコラムは過去の体験を交えて書こうと思いますが、企業の業績が低下してしまって支出を抑える必要に迫られた場合に、人員削減する前に給料カットやボーナスの削減を行う場合も少なく無いのですが、これがまあワンマン社長であっても、社員の士気の低下やモチベーションの低下に始まりまして、下手しますと外部にその話が伝わって、信用不安に発展する事だって有りますから、そう簡単な話でも無いのですよね。

特に経営状態をブラックボックス化してしまって経営者以外は会社の資産内容も社長の給料も損益分岐点も何も知らされていない状態で、売り上げが下がった途端に給料カットを通告されたような場合ほど、社員の反発が大きく士気の低下が目立ってくるって感じだと思いますね。

それともう一つが給料カットによってどの位の損益分岐点が下がる効果が有って、将来復活への方法が具体的にどうだって話が有って、未来に向けての希望が持てるようにする必要があるのでありまして、周りの状況が悪いとか世界的な不況だからと言っても、世の中全ての企業100%が業績不振に陥っているわけでもなく、中には好調な業績を維持している企業も有るわけですから、単に人件費を削減して後は周りの状況待ちのような姿勢は経営者は慎むべきなのでありまして、下手な給料カットが逆に更に会社の経営状態を窮地に追い込む事になるって思うべきでしょうね?

もう少し、例えば高校生のアルバイトでも出来る単純労働の類を毎日行って居る社員の給料をカットした場合って事で考えますと、経営者は別に単純労働だから少々士気が下がっても生産性が落ちるわけでもないし、それでさぼるようならすかさずクビを言い渡してやるって考える節があるのかもしれませんが、まあ私が思うに会社なんてのは人が寄り集まっている生き物でありまして、人が居なくなれば単に机や機械が並んでいるだけの空間ですから、例え単純作業従事の社員の給料をカットするにしても、やはり細心の注意を払いませんと、企業全体にもやがかかってしまうような気がしますね。

ただまあ最近の労働者はすっかり牙も爪も抜かれて、従順な飼い犬になってしまったようなので有りまして、給料カットされてもクビになるよりはましって事で、クビを言い渡されないように滅私奉公しちゃう人も増えているのでは無いでしょうかね?

実際には企業は沢山有るし、別に雇われるだけが生き方じゃなくて独立するって方法もあるのですけどね。