共同経営は失敗する?

まあこの会社の先行きも危ないし、嫌な上司の顔色を伺って仕事も続けても将来は高がしれているし、まだ元気に体が動くうちに独立しようと思うけど、どーも一人じゃ心配だし何だか寂しいから親しい友人に話を持ちかけて共同経営って形で事業を開始すれば心強いし、何より気心が知れたパートナーと起業したほうが安心だって感じで、共同経営で独立しようと考えて居る人でしたらたぶん、成功する確率よりも失敗する確率がとても高いから、独立開業なんて無謀な考えを捨てて、上司の顔色を伺いながらしがないサラリーマンとして一生を送りなさいってアドバイスするでしょうね。

まあ共同経営の弊害については結構あちこちで言われているように思いますが、まあ企業段階で最初から一人で起業する勇気が無くて親しい友人と一緒にってスタート時点で既に気の弱さを露呈していたり、まだ誰かに頼ろうって気持ちが少しでも残っているようでしたら、孤独な経営者の道を歩んでいく事は難しいと思うのですよね。

勿論ね共同経営で起業して何十年も繁栄している企業も中にはあるでしょうが、二人がバロムワンとか北斗と南で有っても、いつかは意見の対立が出ない訳はないですし、将来に向けて最も大きな問題は後継者の問題ではないでしょうかね?

うまりその有る程度の企業規模でしたら、後継者ってのは内部昇格が基本になってくると思いますが、SOHOとか零細、中小企業の場合ですと誰が何と言おうと、世襲制なる創業者の子息が二代目社長となって跡目を継ぐって形が一番多いと思いますが、この共同経営の場合ですと企業が繁栄していればいるほど損得勘定と言いますか、金銭的な部分が絡んできて結構調整がつかないほど大変では無いでしょうかね?

ただこーゆー問題は実は想像ですが非常に少なくて、むしろ後継者の問題が出てくる前に、企業が立ちゆかなくなってしまったり、最初のうちは仲良くやっていた共同経営者同士が反目し合うようになって、片方が会社を出て行ってしまって、共同経営状態が解消してしまうって事例が非常に多いと思いますよ。

追伸
船頭多くして船山に上るなんて諺が有りますが、まあ車を同時に二人で運転するような形になってしまうので有りますから、一人でも結構難しいのにこれが二人になりますと、ちょっとしたコミニュケーション不足で直ぐに経営が蛇行を始めてしまったりするのですから、共同経営ってのは結構大変で甘くない経営形態だと思いますよ。