収入ダウン(給与カット)対策

企業及びその経営陣にとっても基本的には従業員の給与を下げて固定費を下げるって事を行いますと、どーしても従業員のモチベーションが一気に下がりますので出来れば業績好調で昇給したい所なのでしょうけど、こうも景気が悪いと人件費に手を付けて苦境を乗り切るしか無いって場合、つまり背に腹は代えられないのでありまして、今回のコラムではそんな収入ダウン(給与カット)への対応について書いて見ようと思います。

まぁ基本的には給料が下がってしまったら収入に見合うだけの生活レベルに落としたり、節約生活で乗り切るとか楽天的な人で貯蓄があれば貯金を切り崩して何とかするって手も有りますけど、中には貯金もないし生活を切り詰めようにも既に切り詰められる所がないって場合でしたら、何処かで収入の穴埋めをしなくてはいけなくなってしまいますよね。

で江戸時代でしたら傘張りの内職とか耳かきを作ったりって事を武士も行ったように聞いていますけど、最近は不景気の影響で内職そのものが減少していますし、多くの企業が副業を禁止しているのでありまして、簡単に別の収入源の確保も難しいのですけど、そうも言っていられない場合は何とかするしか無いのですよね。

でそーゆー時にどうすれば良いのかなって事を色々考えて見たのですが、直ぐに収入になってしかも本業として勤めている会社の内規にもかからないって所でインターネットのオークションで先ずは家の中の不要品を売却するってのはどうでしょうかね?

まぁこの文章をご覧になっている人でしたら、間違い無くインターネットに接続できる環境をお持ちだと思いますし、基本的に誰でも参加できますし、勤め先が副業を禁止していてもオークションで不要品を販売するって事までは禁止していないでしょうから、結構誰でも出来る副業って言っても良いのでは無いでしょうかね?

ただ、そのうち売る物は無くなってしまいますし、まさか粗大ゴミの収集場で売れそうな物を拾ってきてオークションに出すわけにはいかないでしょうし、給与は簡単には上がらないでしょうからオークションで目先の収入を補いつつ、別の手を探る必要が有るのかもしれないですよね。

つまりそれは、転職を考えるとか本格的に副業を探して会社の許可を取って、収入を安定させるって事です。

追伸
しっかし中には便乗賃下げとも言えるような、利益が減ったとはいえまだ黒字を確保していて内部留保もしっかりあるのに、素早く昇給を凍結するとか渋いボーナス支給で、危機に備えるなんて事を言っている企業も有るようですがどうなんでしょうかね?