事務職の転職・再就職

会社の中にも様々な職種が有りますが移動が少なくて定年退職まで勤め上げる人が多くて転職する人が少ない職種は、俗に事務職と言われる経理とか総務とか財務関係の人だと思いますが、逆に転職を考えた場合には他の職種と比べまして求人の数は少なくて、少々大変な職種ではないかなと思います。

私の独断と偏見に基づく感想ですけど経理仕事なんてのは企業の経営の根幹部分みたいなところが有りますから、経理担当者員が会社を退職するなんて場合はどうもあの会社は危ないのではないかと言われてしまうくらいですし、総務とかの内勤職の場合は営業成績が悪いので叱責されて会社に居づらくなるって事も営業職と比べて遥かに少ないですからね。

それと事務職とか内勤職ってのは何だか漠然としていて、会社の規模によりまして大企業でしたら経理部に総務部に財務部に業務部といった感じで業務が細分化されていますが、企業規模が小さくなるにつれて事務職(内勤職)の社員が一人で何役もこなさなければならないので有りまして、この点から言えば小さな企業で何でも屋的な事務職を経験してきた方の方が転職に有利なような気が致しますが、それほどでもないでしょうね。

さてそんな事務職の状況だと思っていますが、どうも転職に際しては大きな企業ほど中途採用をしないで新卒者を経理とか総務に配属するとか経理関係は役員が兼務するとかの感じで、事務職として働いてきて転職先を探す場合は、求人をよくしているベンチャー企業ですとか会社が急成長して会社内部の管理部門がどうしても脆弱なので、経理の経験者を募集するとか総務関係で長年やってきて、自分たちの会社規模の事務処理関係を任せられるような人を探しているような会社を転職先に選ばざるをえない場合が多いような気が致します。

しかし不況で倒産してしまって転職先を探さなくてはいけない時の話ですが、どうも経理担当者ですとか総務担当者の方ってのは、退職者の事務手続きですとか場合によっては会社を整理するための手続きですとか、転職先を見つけてさっさと転職したくても最後の最後まで会社に残って残務処理に追われることになる場合が多いのでありまして、この辺りも事務職・内勤職の人ってのは転職関連では不利なような気が致しますね。

でもって経理担当者さんは会社の経営状況ですとか先行きを最も素早く察知出来る立場に位置しているので有りまして、今後のことについて悩んで転職先を探そうかどうしようかと思案にくれている人も多いのかもしれないですね。