再就職活動で不採用になる理由と原因について

先ず最初に書いておきたいのはどんなに能力が高い人であっても募集枠が1人しか無くて、そこに何人もの就職希望者が試験を受けに来れば一人の採用者を除いて残りの全員には不採用通知を出さなくてはいけませんから、不採用になったからといって自信喪失してしまいますと益々今後の再就職活動が困難になりますから自信を持ちましょうね。

さてまず私の採用側としての経験から書きますと新卒採用の場合は会社側が就職希望者を試験などで調べて選ぶ側面が強いのですけど、中途採用の場合はこちらが選ぶと言うよりも採用希望者が自分自身を売り込む場所を提供して、売り込みが一番上手だった人を選ぶって感覚が私の場合は強いのです。

ところが私の過去の経験から言えば、どうも自分を一生懸命売り込む気配が感じられない人が実に多くて質問には的確に答えるけど、自分から積極的に売り込みをかける人は少なかったですね。

はっきりいって中途採用をかけるってのは最初から入社してから教育して戦力になって貰うって考えが全くない場合が少なくないと思いますし、即戦力になってもらわないと困るので有りまして右も左もわかりませんけど頑張りますじゃ困るのです。

でここで約半分の人に問題が出てくると思いますが、例えば全く畑違いの職種に転職をしようとしている場合とか、言われたとおりの作業しか仕事としてしてこなかったいわば未経験者の場合ですよね。

たぶん求人広告には未経験者歓迎なんて事が書いて有りますが、その額面通りに受け取って大丈夫で未経験でもやる気さえあれば他の経験者よりも採用率が高いのは、極少数の会社になってしまうと思います。

ですから中途採用の入社試験なんてものは一発勝負の一度限りの世界なんですから、とにかく自分の長所でも経験でも性格でも少々下駄を履かせても構いませんから洗い出して、自己アピール出来る内容に仕上がるなり、トークを練習したりして採用試験の面接に挑むべきなのです。

たぶんどこの会社でも技術系の場合を除いて筆記試験の点数は最低ラインを満たしていれば条件は合格ラインって事で一緒でして、基本的には面接での人物評価がモノを言いますし、筆記試験が合格ラインに達していなくても、面接での評価で逆転は可能ですからね?

まぁあんまり下駄を履かせ過ぎてしまって会社に過大な期待を抱かせて入社してから苦労するのかもしれませんが、かといって奥ゆかしく構えていてもなかなか中途採用試験は突破出来なくて不採用になってしまうと思うのです。