人を使うという事

人を使うことは簡単だと思っている人は少ないと思う、逆に人を使うことは本当に難しいと思っている人は実に多いと思う。かくいう私も人を使うことは実に難 しいことだと思う。

大変な事は人にやらせて自分は楽をしようなんて気持ちを持っていると、相手はたちどころに見破る事になる、だってそうですよね自分の上 司がそんな考えで自分に対して接してきたらだれっだって直ぐに見破ってしまうと思うんですよ。

”上司が部下の本質を掴むには3年かかるが、部下が上司を見破るのは3日で見破る”って言いますからね。

人間は千差万別で1人として同じ人間はいないわけですし、それぞれ感情を持っているわけですから、こうすれば上手く人を使えるって手段 はないと思いますが、人間不思議なもので自分の感情は言葉に出さなくても直ぐに相手に伝わってしまうって事だと思います。

つまり、信用していない部下に対しては自分の気持ちが伝わってしまうわけですから、部下もやはり自分の事は信用してはくれませんね。

信用していない相手とは上手く行くわけ無いです。

自分で会社を経営していたり人事権を持っていれば先ず信頼出来る部下を探すことから始める事が出来るかもしれませんが、そうでない場合 が多いのですよ。

上が変われば部下が変わる・・上が代わればって交代するわけじゃないですからね?

部下が働かない、いう事を聞かない・・それを上手く仕事をしてもらうのが上司の役目でして、自分の事は棚に上げて部下の悪口を言ってい るようじゃお終いですね。

自ら背中で教育するつもりで、困難に立ち向かっていく、隠し事や嘘をつかない、先ず自分が変わってみてください。

追伸

自分が部下だった時には上司の不平不満ばかりを言っていて上司の指示に従わないような人が、運良く昇格して自分が部下を持つよ うになった場合、今までの上司を反面教師にして理想の上司になれれば良いのですが、実際のところ部下としての勤務態度がよろしくなかった人が、部下を持っ た場合には、やはり自分の部下から不平不満が出てくるダメ上司になってしまう場合が多いように思います。

なにせ人を使う事の難しさや大変さが理解できていなくて上司の不平や不満が口に出ていた人が多いですからね

中には例外も有ると思いますが、良き部下は、良い上司になれる可能性が高いってのは事実なのでは無いでしょうか?