少なくなった閑職についての所見

古き良き、高度成長の時代から昭和の経済発展で右肩上がりが当たり前の時代には、閑職って職場がごく普通に存在していた企業が少なくなかったと思い ますが、現代日本の民間企業で、特定の意味を持つ閑職っては存在しているんでしょうか?

閑職とは読んで字の通りヒマな仕事が無い職場って事 でありまして、今のフリーターの方やワーキングプアの方に言わせれば、暇な職場でちゃんと給料が貰える訳ですから、理想の職場って事になってしまうかもし れませんね?

その昔、企業に余裕が有り家族主義が謳歌されていた頃は、業務上のミスやその他諸々の理由により、社員を閑職に追いやるって事 で、殆ど仕事らしい仕事が無い部署へ異動させたり、無い時は新たに部署を創設したりして、それでもちゃんと社員には(多少賃金が安い場合が有ったとは思い ますが)給料を払っている企業が沢山あったんですよね?

まあ、多くの人は仕事が無い状態で出社する事に抵抗感を感じたり、社内主流から外れ るって事にプライドが許さないって人も多かったとは思いますが、今の日本ではそんな古き良き時代で、あの頃は失敗しても閑職に異動すりゃ良かったんだか ら、恵まれていたって感じてしまうのでは無いでしょうか?

多少はそんな企業も残っているとは思いますが、余裕がなくコスト競争に明け暮れて いる企業が増えていますから、降格や減給で済めば恩の字でありまして、退職に追い込まれてしまって、本人の希望に反して、転職活動を始めなければならない立場に なってしまう人が非常に増えているのでは無いでしょうか?

閑職が沢山あった頃はは良き時代だったなって思うので有ります。

追伸

やは企業の競争激化ですとか、経営改善な どが進んで来ますとおのずと、閑職ってのは無くなってくるので有りまして、後10年もしますと残っている職場は有るのでしょうかね?

窓際族って言葉も最近はすっかり聞かなくなりましたからね。