経営者の引き際

私自身が零細企業経営者で創業をやっと10年経過したところなのですが、何時かは引退を考える時がやってきますし、自分が考えるよりも先に社会情勢の変化や経営の失敗によって、赤字に転落して資金繰りに行き詰まって倒産や廃業に居たる可能性も経営してればゼロには出来ないのですから、サラリーマンやOLは定年退職が決められた年齢に達したらって事で決められて居る訳でも無い経営者こそ、自分の引き際について考えておく必要がある意味あると思うのですが、実際の所は経営者は定年退職がないって事で全然考えて居ない人が特に中小企業では圧倒的に多いのでは無いでしょうかね?

基本的にと言いますか良く言われるのは、経営者は自分の会社を自分の代だけで終わらせて廃業してしまうのか、誰か(身内もしくは従業員や他の取締役)に引き継いで存続させるかを情勢を勘案しながら決定してそれぞれの方向に添って計画を立てて実行するってどちらかの選択になりますよね。

まあ自分の代で廃業する気であれば、まあ普段から無借金経営になるように経営努力を致しまして、引退後の蓄えなどをしっかり行っておけば良さそうなのではありますが、問題なのは従業員の方が存在する場合なのでありまして、基本的に日本の企業はまだ定年退職まで勤め上げるって事が基本になっているのですから、会社を自分の代で終わらせて廃業する気持ちであれば、早めに従業員にもその事を伝えておいて、身の振り方を考えたり再就職への時間的な余裕を作ってあげるべきでしょうね。

ただまあ自分の代で会社を畳むよりも、次の代に引き継いで会社を存続させるのは中々大変なので有りまして、巷良く言われる二代目社長になって会社が傾く事が多いってのは、あながち誇張でも何でもない事実だと思いますし、これはまあ二代目社長の能力の問題と、先代の引き際と言いますが、引き継ぎ方の問題の両方でしょうね。

でその引き際と言いますか次の代への引き継ぎですが、やはりワンマン社長として会社を引っ張ってきた経営者ほど難しく、また社長の個性とバイタリティで全社をひっぱてきた状態にあればあるほど、二代目社長への期待が大きくまた失敗して会社が傾く可能性が高くなってしまうのでありまして、ワンマン社長ほど引退前のペースダウン期間と言いますか、引き継ぎ期間を充分に取る必要が有るでしょうね。

まあ勤め人と比べるのがおかしい位、経営者の引き際ってのは難しく、かつ慎重な判断と行動が求められるので有りますが、行動指針もまた存在しないのですよね。