独立志願

独立して開業しようか、就職しようか迷っている若者が会社に相談に来ました。

彼の周りの人間は全て独立開業に反対していて、就職を勧めているそうです。

一通り独立して開業した場合の事業計画を聞きまして・・・・

で、どうでしょうかって?

まだ就職できる年齢なんだから就職しなさいって

このページを見ている方の中には、独立開業を具体的に計画して、事業計画書の書き方の本まで購入して、事業計画書を書いている 方や、いつかは独立開業を夢見ている方も、いると思いますので、今回はそんな方に向けて書きます。

■独立開業するって事は全て自分の意志で決めて、自分で判断して、結果責任を全て自分で取るって事ですから、独立開業したいの でしたら回りにいくら反対されようが、自分の意志で独立すれば良いわけでして、誰かに頼って、誰かに相談して独立するものではないと思います。

独立開業して、事業をやって行く場合、既存の固定観念にとらわれた発想よりも新しい斬新な発想が求められると言われますが、実 際に斬新な発想をあなたが考え出したとしましょう。

あなたの発想が本当に今までに無い斬新な革新的な発想だったとしたら・・・・。

多分、多くの場合は回の意見は、成功しないって意見になる場合が多いですよね、多分。

そこで分かれ目が出てきますが、

○周りの意見を聞いて回りに反対されて、独立開業をあきらめる人

○周りも賛成するから独立する

○周りに聞かないで自分の意志で独立開業する。

さて上記のうち一番どのタイプが、独立開業するのに適しているでしょうか?

追伸

1円起業をはじめ各種公的な助成など独立を支援する環境が少しは整ってきました。

企業も不景気で人を正社員で増やす余裕がなくなってきているのが現状ですので、自信が有れば思い切って独立してみるのも方法だ と思いますが、周りに反対されて心が揺らぐようで有れば、諦めたほうが良いと思います。

なにせ独立したら固い意志を貫く必要が有りますからね。