掛け捨て型の生命保険

農協などでやっている共済も、掛け捨ての生命保険の部類に入ると思いますが、不景気のせいか、保険を正しく理解して生命保険を選ぶ方が多いのか掛け捨て型の生命保険や共済に入る方が増えているそうです。

まあ、私の経験からですが一般に日本の生命保険の外回りの営業の方達は、自分の営業成績を上げるために出来るだけ高い契約を取ろうとされますから、掛け捨ての生命保険の場合、毎月の保険料が安くなってしまいますので、積極的に掛け捨ての生命保険を勧めることは無く、過去はあまり販売されていなかったと思います。

しかし、保険の保障部分と貯蓄の部分が一緒になっていると、分かりにくい場合が多いですし、保険の保障は保障で考えて、貯蓄は別に考えたほうが理にかなっていると思います。

貯蓄に関してはも様々な金融商品が出てきていますので、それはそれで考えたほうが良いようです。
何故ならば、非常に先が見えない日本社会になってきていまして、物価の上昇率がどのくらいになるのかさっぱり分からない現代なのであります。

何故、こんな事をかくかと言いますと、先に生命保険会社で運用利率の中途変更、つまり約束の金利で配当を出せなかった場合、途中での利率変更を出来るようにする云々が話題になっていまして、今のところ利率