保険金の不払い

マスコミ各社にも色々と都合があるのか、かなりの数の保険会社による保険金の不払い(未払い)について事の重要性に比べてマスコミの扱いが極端に小さかったように思いますが、まあ保険会社とて営利企業であって出来るだけ沢山の加入者を集めて、おり多くの掛け金を徴収しておいて逆に保険金の支払いを出来るだけ絞り込むのどちらか、又は両方を追求しませんと利益の拡大は不可能なのですから、まあ道徳とか倫理よりも欲が勝ってしまった企業って事がはっきりしてしまったようですね。

まあ最近は一部の直販を主体とする保険会社を除いて業績の低迷や加入者の流出に歯止めがかからない状態で、存続の為に今後は合併などが浮上してくると思いますが、たぶん今の半分位に保険会社が少なくなって、インターネットでの販売が今後は主流になってくるのでは無いでしょうかね?

で話を保険金の不払いに戻しますと、まあ保険金を支払うかどうかの判断を保険会社に任せていたのでしたら、些細な事に着目して不払い理由にするとか、支払い審査担当部門が支払額の増減によって社内査定されたりしかねないと思いますので、思い切って保険会社が共同で第三者機関を作って、保険金を支払うかどうかを審査する事にしたらどうでしょうかね?

たぶんそこまでやらないと保険金詐欺の類は無くならないと思いますし、故意またはミスによって保険金の不払いを根絶する事は不可能ではないかと思います。

そこには警察OBとか法律に詳しい専門家とか、消費者団体とか入って貰って透明性を高めて、公平に厳密に保険金の支払い業務を遂行しませんと、一度業界全体についてしまった保険金不払いのダーティーなイメージは払拭できないのでは無いでしょうかね?

個人的には日本が国家としてのセーフティネットがしっかりしていれば、今のように保険会社が肥大化する事も無かったと思いますし、出来れば保険会社の役割が小さくなる社会を目指さなければいけないと思いますが、政治の力によって改革は出来ますでしょうかね?

追伸
しっかし保険会社なんてものは加入者から掛け金を徴収して、何かあった時に保険金を支給する以外に何の生産もしていない団体なのですから、支払いを不当に拒んだり不払いをしているのでしたら存在意義はゼロに等しく、むしろ社会にとっては存在しないほうが有り難い、無用の団体になってしまうって事を保険会社は分からなかったのでしょうかね?

まあ経営陣を総入れ替えでもしない限りは無理でしょうけどね。