風呂バンス商品レビュー太陽熱温水器とのタッグは最強かな?

もう20年以上前に我が家の屋根に取り付けた太陽熱温水器は未だ現役で光熱費の削減に活躍しているわけですが、寄る年波には勝てないとでも言いましょうか、冬場は少し厳しくて深夜にシャワーを浴びようとするとかなりぬるくて風を引いてしまいそうですし、熱いお湯の出る昼間のうちに風呂桶にお湯を張っておいても夜にはすっかり冷めてしまっているんですね。

まぁぬるくなったお湯は追い焚きすりゃいいんですけど残念ながら追い焚き機能は使えないし(太陽熱温水器があるので追い焚きを殆ど使わないので壊れてしまったらしい)、単にお湯の温度を上げるために足し湯するのも水道代が勿体ないなと思っていたところ、お困りを解決する商品に出会いまして早速購入いたしましたので、商品レビューなどを書いてみたいと思います。

その名も風呂バンス、購入してから気がついたのですけどこのネーミングは風呂番をする機械だから風呂バンスなんですね、ウン納得。

使い方はいたって簡単で風呂桶に入浴に最適なお湯を張ったら風呂バンスを投入、スイッチを入れると緑色のランプが点灯して静かに見張り番よろしく風呂のお湯の温度が下がったら、慌てず騒がず勝手にヒーターでお湯を温めてくれんるんですね。

これだと無駄に差し湯なんてしなくていいし、ガス湯沸し器がプロパンガスなので結構ガス代が嵩むのも少々電気代が加算されるのに比べたらお安く済むって感じです。

ただ不満点といえば風呂バンスはバスクリンに代表されるような入浴剤が嫌いだとのこと、なにせ何時間も風呂に使っているんですから水道水ばかりじゃ飽きてしまうので、たまには草津の湯だとか森林浴の香りなんて入浴剤で気分転換を図るのも良さげなんですけど、風呂バンスは終始一貫徹頭徹尾、水道水以外の風呂には入りたくないそうです。

そんなわけで太陽熱温水器と風呂バンスとのタッグのお陰で毎日適温のお風呂に入ることが出来て光熱費も安く抑えることが出来たのですが、そのために少々お風呂を改造したことを書いておこうと思います。

あのね、風呂桶に張ったお湯がぬるくなる原因の最大のものは、風呂桶に開いた2つの穴が風呂釜の中の熱交換器に接続されているんですけど、冬場は此の穴から冷やされたぬるま湯が侵入してくるのがお湯の冷める最大の原因です。

ですからどーせ元から追い焚きは殆ど使わないし、なにせ壊れているみたいなのでこの2つの穴をゴムのカバーで塞いでしまいまして、お陰でお湯が冷めるスピードを随分と遅く出来て更にガス代と電気代の節約に成功致しました。