ヒートポンプとは?

オール電化住宅の普及に伴いましてヒートポンプ方式のエアコンが市場に随分と出てきまして、何だか効率が良くて省エネに繋がるとの触れ込みですので、今回のコラムではヒートポンプの原理について考えてみようと思います。

さて私の乏しい知識で噛み砕いて説明致しますと、熱を移動させる仕組みなので有りまして室内を冷房するときは室内から熱を奪って外に移動させますし、逆に暖房するときは室外の空気から熱を奪って室内に移動させるそうでだから経済的なのだそうですけど、うーん何だか納得出来ない人もいらっしゃるのでは無いでしょうか?

例えば寒い冬にヒートポンプ方式のエアコンで室内を温めようとした場合を考えてみますと、原理的には室外の空気から熱を奪いまして室内に移動させることになるはずですけど、どう考えても暖房器具を使う状況では家の外は室内よりも相当温度が低い状態で、北海道あたりでしたら室外気温は氷点下の世界ですから、どうもそこから熱を奪って室内に移動させるには大元に熱が無いような気が致します。

ただ室内を冷房する場合でしたら、ヒートポンプで移動させる暖かい空気は沢山室内に有りますから、なんとなくその空気から熱を奪いまして室外に捨ててしまう事で能力を発揮するような気も致しますが、普通のエアコンとの違いが良く分からないのですね。

別にヒートポンプのエアコンでなくても室外機からは熱い熱を放出していますから、あれも室内の暖かい空気の熱を外に放出させているような気がするのですが違うのでしょうか?

理解出来る仕組みとしては夏の暑い日に給湯器ように外気の熱を移動させましてお湯を作るって仕組みでしたら、私でも理解できるので有りますがこれも太陽熱温水器の仕組みと一緒なのか、それとも違う原理なのかはよくわかっていないです。

まぁ私よりもずっと頭の良い人が考えた仕組みですからたぶんヒートポンプ方式は効率的で経済的な仕組みなのでしょうけど、どうも私には理解出来ませんし熱が有ったら電気に効率良く変換する仕組みの方がヨサゲな気も致します。

そういえばその昔の通信販売でオデコに取り付けるアルミの放熱板で、熱を持った頭から熱を奪いまして空中に放出させるグッズが有りましたけど、あれも額の熱を奪って移動させて空中に放出させる仕組みですから、あれもヒートポンプの一種って事になるのでしょうか?

ラジエターなんかも同じような働きをしていたと思いますが、何だか書いていて余計にヒートポンプがわからなくなってしまったのです。