宝石の資産価値

今回のコラムでは宝石の資産価値について考えて見ようと思いますが、まあ宝石と言ってもなかり価値が低いものから、美術館に展示されるような宝石まで非常に幅広い曖昧なとらえ方になってしまうのですが、兎に角、考えられる範囲で書いて見ようと思います。

さて宝石の資産価値と言えば、ココ山岡を思い出してしまうのですが、ココ山岡とは倒産した宝石販売店なのですが、かなり有名だったのでご記憶の方も多いと思いますが、ココ山岡では購入してから一定期間が経過致しますと、購入した価格で買い戻すという特殊な販売方法を取っていたのですが、この商法の場合は宝石の相場が一定の割合で上昇していませんと成り立ちませんし、元々販売していた宝石も販売価格と実際の価値との乖離が大きすぎて結局は企業として立ちゆかなくなってしまいましたね。

私が思うには装飾品としての宝石に試算価値的な部分を求めないほうが良いと思いますし、後々生活が苦しくなって売却する可能性が少しでもあるのでしたら、宝石の資産価値なんてものは考えないで定期預金にでもお金を預けたほうが良いでしょうね。

※基本的に資産価値として考えられるのは換金性が高い事と、資産価値が減少する事が少ない事って定義だと思いますので、その点、宝石の類は厳しいと思いますし、そもそも宝石の価値や購入価格が適性かどうか判断できて購入する人は非常に希な存在なのでは無いでしょうか?

ですから資産価値的な部分と、大好きな宝石を沢山所有したいって考えの方でしたら少なくとも自分で宝石の買い取り業が出来る位の知識や鑑定眼を身につけるべきだと思いますし、それが出来なければ単に自分の身を飾り立てる装飾品と割り切ったほうが良いのでは無いでしょうかね?

だいたい、指輪にしろネックレスにしろそんなものは生活に余裕がある方が身につけるって相場が決まっているので有りまして、簡単に売りに行くものでも無いのですよね。(換金性が高く資産価値がしっかり認められるのは、純金かプラチナくらいではないでしょうか)

追伸
不景気のせいか、宝石、貴金属、金やプラチナの買い取りが少々活気が出ているようですが、まあ不景気で手持ちの貴金属を生活の足しにと売却する人が増えますし、そーゆー時期には安く買い叩く事も出来ますからね。

勿論、不景気の時代には宝石類の価格はしっかり下落致しますので、予想以上の資産価値の下落にがっかりする人も多いのでは無いでしょうかね?