キュービックジルコニアとは

テレビショッピングなどで首飾り(ネックレス)を販売している事は少なくなりませんが、時にキュービックジルコニアなる宝石が販売されて居ますが、少し気になったのでキュービックジルコニアとは何かと思って少し調べてみましたので、記録用にこの場に書き残しておこうと思います。

で少々調べた結果として資料に書いてある内容の95%は理解できなかったのですが、要は光の屈折率が天然のダイヤモンドと比べてとても近くて、登場した当時から模造ダイヤとか人造ダイヤと呼ばれていたとの事で、製造コストも非常に安くて見た資料によると1カラットのキュービックジルコニアを作るのに1ドル程度でも製造できてしまうそうですから、高く見積もっても1カラットのキュービックジルコニアの製造原価は千円以下って事になるわけですよね。

ただね、天然の宝石とキュービックジルコニアは専門家がしっかり見ない限り、見分けが付かないのだそうで、何と言いますかパーティーに身につけていくネックレスを、0.5カラットの天然ダイヤにするのか、それとも1カラットのキュービックジルコニアのネックレスにするのかって聞かれても迷ってしまう人も少なく無いのでは無いでしょうかね?

まあ人の身につけているネックレスの宝石を天然のダイヤモンドかキュービックジルコニアかを見分けようとする人も、まあ千人に一人位しか存在しない筈ですから、個人的には大きなキュービックジルコニアで充分ではないかなって思いますね。

勿論ね、叶姉妹とか藤原紀香さんが身に付けて居れば誰もが天然ダイヤだと信じて疑わないのですが、そこいらを徘徊している若い女の子が持っていたら、人造ダイヤだって思われる筈ですけどね。

追伸
しかしダイヤモンドもそうですが、工業技術の進歩は凄い物が有りまして本物よりも本物らしい宝石が出てくるのも全然不思議でも何でもないのでして、例えば技術が更に進んで、天然のダイヤモンドよりも固く、光沢が強くて大きな模造ダイヤを作る技術が完成したとすれば、一体全体、天然のダイヤモンドと模造ダイヤとどちらに価値があるって事になるのでしょうかね?

まあ天然ダイヤの希少価値に価値をより高く見出す事になるのかどうかは分かりませんが、資産価値が永遠の輝きと共に担保されるのかどうかは誰にも分からないので有りますね。

個人的にはダイヤモンドって言っても単なるきらきら光る固い石でしか無いわけでして、おむすびのほうが価値があると思ってしまうので有りますね。