宝石(ダイヤモンド)の鑑定方法

今回のコラムは宝石(ダイヤモンド)の鑑定方法に付いて思うところを書いて見ようと思いますが、どうも個人的にはかなり怪しい感じを持っているので有りまして、土の中に埋まっているキラキラする石でそれほど人類の役に立たない割に、生産調整のお陰かどうか知りませんが、本来の価値以上に評価されていて、いざバブル経済が弾けてしまいますと売ろうとしても、かなり価値が下がってしまっていて換金価値は金(ゴールド)と比べてどうしても遜色が出てしまうので有りまして、まあダイヤモンドも鑑定はどの位の意味があるのかなって思ってしまうわけです。

聞くところによりますと一応ダイヤモンドの価値を評価するのに4Cと言われるカット(cut)・カラー(coler)・クラリティ(clarity)・カラット(carat)なる4つの総合評価らしいのですが、さてどうもその総合評価と買い取り価格の相場の相関関係が具体的に公表されていないようで結局は、買い取り専門店に持参して鑑定士なる人の言いなりになってしまうような気がするのですよね。

念のため4Cについて少々書いておきますと
・カット(cut)
いきなり鑑定士の感性次第で大きく評価が変わってしまうと感じてしまうのですが、宝石の美しさを引き出すデザインを評価するのだそうですが、人によってやはりバラツキが出てきてしまいますし、微妙な所を持っているって感じですよね。

・カラー(coler)
色ですね、無色透明のものが最高級なのだそうですが、その他の色についての評価の根拠はよく分からないのです。

・クラリティ(clarity)
透明度だそうで、不純物をどの位含んでいるかどうかで透明度が変わってくるそうです。

・カラット(carat)
一カラットは0.2グラムなのだそうでして、重さですね。

一応業界のほうでも宝石鑑定団体協議会とかの団体で正しい宝石鑑定をしましょうねって動きも有るようですが、なにせ団体に加入する義務も有りませんし、結構独自の鑑定を行っている宝石販売店の数も多いらしく、倒産したココ山岡も独自の(甘い)鑑定書を発行して買い取り保証付で宝石を販売していましたが、独自の鑑定を行う事自体は違法でも何でもないのですよね。

追伸
ただまあ宝飾用のダイヤモンドなんてものは指とかクビにまとわりついて光る以外役には立たないですし、換金性も低い訳ですから余り深く考えないで持っていられるって人以外は購入しないほうが良いのでは無いでしょうかね?