自分に似合う宝石

自分にご褒美?とか何とか理由を付けて宝石を一個だけ購入するって事になって、それを今度の週末に王子様主催で開催するダンスパーティーに身につけていくって事になりましたら、さて自分に一番似合う宝石は何かなって事を真剣に考えるのでは無いでしょうかね?

でね個人的な考えを書きますと、資産価値として購入する場合を別に致しまして、装飾目的であれば何と言いますか脇役に徹してくれる雰囲気を持っている宝石を目立たないようにそっと一つ身に付けるってのが一番おしゃれで格好いいって気がしますね。

まぁそーゆーのが嫌なお方は人造ダイヤモンドのキュービックジルコニアでしたらお安く大きなものが購入できますので、これ見よがしに人造ダイヤでも見せびらかせば良いのでは無いかと思いますが、その何が言いたいかと申しますとハリウッドの人気女優でしたら模造品だろうが夜店で千円で購入した指輪だろうが立派に高貴に見えたり致しますが、普通の一般庶民が何を付けようと、まぁ本物でもイミテーションかなって思われるのが落ちではないでしょうかね?

更にもう少々書いてみますと、何と言いますか宝石など装飾品で自分を飾る事をしないと人前に出る事が出来ないような人ってのは、上げ底と言いますか虚構と言いますか個人的には中身を磨いていないので宝石で目をくらませているといった思いが先に立ってしまうので有りまして、私の考えは間違っているのでしょうかね?

あとねぇ宝石屋、ジュエリーショップって言うんですか?あーゆー所に行きますと、直ぐにお似合いですって言葉が飛んできますが、その場合は元々似合わないって心で思っても、口からはちゃんと変換されてお似合いですって言葉になって出てくるようにプログラムされているって話ですし、販売価格が高い宝石ほど何故かその人にとってもよく似合う度合いが高くなるらしいですから、真に受けない方が良いのでは無いでしょうかね?

追伸
全く私の趣味や好みの問題なのかもしれませんが、どうも個人的に宝石で自分の身を飾っているような女性よりも、清楚な出で立ちでで宝石なんぞ身につけないほうが、よほど素敵に見えるかたのほうがタイプですから、コラムの内容もそーゆー風になってしまいますね。

ただ世の中の圧倒的大多数の男性の中で、宝石がよく似合うからその人に好意を抱くとか、本人よりも身につけている宝飾品のほうに興味がある人ってのは、質屋さん位しか居ないのでは無いでしょうかね?