多重債務とは?

多重債務とは読んで字の如く、複数の業者からの借入をしている状態を指します。

クレジット、サラ金での返済不能や取り立ての事などの問題の多くが多重債務に起因している場合が多いのです。

多重債務問題に関する考察

あくまでも個人的な意見なのですが、実際に完全に多重債務状態に陥ってにっちもさっちもいかなくならないと、相談できる専門家や窓口が無いって事が現状では無いでしょうか?

例えば大手企業に勤めるサラリーマンがクレジットカードによるキャッシングで30万円借りて、月の支払いが1万円程度だったとしましょうか?

他からの借り入れは一切無く、半分ほど返済が終わって残りの債務が15万円程度になった時に、諸事情により毎月1万円の返済が難しくなったとしましょう。

ここでて何らかの手を講じれば、15万円の債務ですから、比較的容易に債務は解消できるのですが、この時点で弁護士や司法書士に相談に行ってもまず取り扱っては貰へないでしょうね?

15万円、月1万円なんだから頑張って返しなさいとか、親族に借りたらどうですか?程度の答えしか帰ってこないので有りまして、相談した本人が他に相談できる相手がいないとしたら、もう新たに借金をして先送りにする場合が大半なのでは無いでしょうか?

実際には借入さ先に行って理由を話して、月の支払額を減らして再計算してもらうなり、しばらく返済を待って貰うなりの交渉をすべきなのですが、なかなか面倒な気持ちが出てしまって行動に起こす人は少ないようですね?

また相談を受けたクレジット会社によっては(大手でも有ります)、契約や約定を盾に一切の交渉に応じない所も多々あります。

埒があかなかったら金融庁や各種行政の相談窓口に相談をして見るのも手ですし、絶対に引かない覚悟で交渉に臨む事も必要でしょうね?

多重債務やクレジット、サラ金、自己破産者の急増などの根本的な解決方法は、多重債務に至る前の段階での救いの手で有ったり相談窓口なのですが、どうも多重債務状態にならない少額の段階では自分で解決するしかないのが現状のようですね。