特定調停とは

今回は債務整理の方法の一つで有ります特定調停について考えてみようと思います。

まず特定調停とは?どんな内容かを簡単に書いてみようと思いますが、借金の支払いが困難になった人が簡易裁判所に申し立てを行って債務者の立ち直りを手助けするって形の債務整理方法です。

手続きにかかる費用が安く、弁護士や司法書士などの手助けが無くても、自分で申し立てが行えるメリットがありますが、その分、自分で手続きを行い、書類を揃えて何度も簡易裁判所に足を運ぶ必要がある他、債権者(貸金業者)が同意しない場合、調停が不調に終わってしまう場合があります。

それと大きいのが、債権者が調停に応る気持ちがなく、裁判所に来なければ、調停は不調って事になりまして、効力自体が発生しませんし、債務者本人だけが特定調停を申し立てをしても、連帯保証人には効力が及びませんので、業者によっては業者によっては特定調停に応じないで、さっさと連帯保証人に請求を立てたり、法的手段を取ってくる事もあります。

といった所が債務整理方法の一つである、特定調停のあらましになりますが、今回はこの事について思う所を書いてみようと思います。

まず、特定調停の概略から感じる事は、ある意味、貸金業者の良心と言いますか、お情けを引き出す事を簡易裁判所が手助けするって事が根本にあるような気が致しますね。

多分、特定調停を考えていらっしゃる本人として一番気になるのが、果たして自分の借りている貸金業者が特定調停のテーブルについてくれるかどうかってのが一番気になる所でしょうね?

このあたりは、貸金業者や銀行も公表は絶対にしませんし、そんな事を公表してしまっては安易に、特定調停に持ち込もうとする債務者の方が増えてしまいますからね?

特定調停に関しては弁護士や司法書士に頼む事も勿論可能ですが、少額で労力を惜しまなければ自分ですべて出来る裁判ですので、お金が無くて弁護士に頼めないって場合に利用される方も少なくないでしょうが、根本的には自分で作った借金、場合によっては連帯保証人になった結果の借金の時もありますが、自分の過去の行いによって出来てしまった借金や多重債務なのですから、自分で整理に立ち向かうって所にも意味があるのでしょうね?

インターネットの普及により特定調停に関する情報も、それこそ山のように出ているのですから、まずは十分に自分で徹底して特定調停に関して調べて、必要で有れば専門家に相談するって方法が良いのでは無いでしょうかね?

追伸

自分は裁判所とは縁のない人生を送るって思っていた人が、住宅ローンの支払に困ったり、して裁判所のお世話になるって事になってしまった人もいらっしゃると思います。

実は私自身、若い頃に交通違反によって簡易裁判所に行って判決を受けた経験がありますが、所詮は人間が運営して交渉する相手も人間なのですから、物は経験で思い切って自分で面倒がらずにやってみるのも手なのでしょうね?

某巨大掲示場にも特定調停に関する情報はたくさん載っていますからね?

では皆様の健闘をお祈り申し上げます。