金融サービサー(整理回収機構・債権回収会社)

銀行が貸し出した債権を回収できないと判断した場合はどうなるかと言いますと、一般的には金融サービサー(整理回収機構・債権回収会社)と言われる別の企業にそれこそ二束三文で債権を売り渡し、買い取った金融サービサー(整理回収機構・債権回収会社)は譲り受けた債権の回収を専門として、回収に走る訳です。

先に二束三文と書きましたが、実際に数千万円単位の債権を数十万円で譲り受ける訳ですから百万円でも回収できれば、非常に高い粗利率になるのでありまして、はっきり言ってぼろ儲けに近いものが有るのでは無いでしょうか?

ここで普通の人が感じるのは、わざわざ金融サービサーに債権を売り渡さなくても、債務者に対して二束三文で手を打つ提案をするなり、債権カットするなりしちぇえば良いような気が致しますが、モラルハザードの事や償却の関係などが有るのでしょうね?

話を進めますと債権を買い取った金融サービサーは只のような仕入れ値で有っても、きっちり額面の債権額で要求してくるので有りまして、ほんとにもうそんな仕入れ値で商売がしてみたいものだと思いますが、ここで債務者はしっかりと交渉して減額して貰うべきでしょうね?

例えば1億円の借金を払えなくて金融サービサーに債権が移った段階で場合によっては百万円とかの金額で売り渡されて居るのですから、二百万円でも回収できれば100万円の粗利益になるのでして、金融サービサーも損はしないのであります。

勿論、金融サービサーは債務者に対して絶対に譲り受けた金額の事は言いませんが、半額以上って事は絶対にないんだそうです。
※半額以上であれば銀行は自分で回収に走りますので

上記のような事を知っていれば多少は余裕を持って交渉に臨めるのでは無いでしょうか?

私が思うにこの仕組みってのはなんだか変だなって思うので有りまして、まず勝手に債権(借金)を第三者に売り渡してしまうって事が簡単に出来てしまうって事で、債務者は売り渡し先は勿論選べませんから、筋の良くない所にでも渡ってしまったら、目も当てられない訳で有ります。

それと、金融機関が債務者に対して債務のカット、圧縮の交渉には応じないのに、金融サービサーには二束三文で売り渡してしまうって所です。

※大手企業に対する債権放棄や債務カットは過去に何度も事例が有るのですが、個人に対する債権回収は、担保は売却するわ、連帯保証人の財産にも手を出すわで、全然対応が違うのでありまして、まあそんな体質なのでしょうね?

先にも書きましたが二束三文で借金をチャラにしてあげても銀行にとっては同じ事なのではないかなって思いますね。

追伸
やはりお金を貸し出す際の与信調査能力や担保を設定する場合の査定能力の欠如から、連帯保証人の設定だとか、担保割れの場合の不足金額の請求などが発生してくるのだと、思う訳で有りまして、これらが改善されない限り金融サービサーの出番が益々増えるのでは無いでしょうかね?