ワーキングプアと生活保護

多重債務の事や自己破産などの事を書いていますと、生活保護とワーキングプアの事が気になって少し調べてみました。

ワーキングプアについて良く言われるのが毎日、毎日働いても手にする収入は生活保護を受けて貰えるお金と変わらないって事ですが資料によりますと、東京都の場合で世帯単位で3人世帯で20万円ちょっと、単身世帯でも月額13万円前後が支給されるって事ですから確かにそうですよね。

フリーターの方で、1日働いて7千円程度の場合が多く、しかも仕事が無い日があったり、体調の関係で働けない日が有ったりしますので、確かに生活保護世帯と収入は大差ないので有りまして、働いても貯金も出来ないって所から解決していきませんと、日本の多重債務者の量産も、自己破産者の増加も決して無くならないのでは無いでしょうか?

私が思うには、食と住の部分を国による政策で、誰でも食と住だけは最低限確保されているって状態にしてしまえば、生活保護者に対する支給を減らしても良いと思いますし、働ける人は貯金も出来るようになるのでは無いでしょうか?

今のフリーター、ワーキングプアと呼ばれる人たちは、今日明日の食事や住まいの確保で精一杯の場合が多く、これで勤労意欲を出せてって呼びかけても無理ってものですし、将来への希望を持つことも無理なのでは無いでしょうか?

人間、食事と住む所が確保されていれば、安心して労働に打ち込む事が出来ると思いますし、逆にそれ以上の保護も必要はなく、あとは勤労意欲が有れば、上にあがっていけるって仕組みが必要でしょうね?

追伸
政府が提唱していた再チャレンジの仕組みってのはどうなっているのでしょうか?
失敗してもやり直せるって社会があってこそ、チャレンジ精神を発揮できますが、村社会のような状態では、一度落伍者のレッテルがついてしまうと、やり直しが困難ではあり、社会の活力は生まれてきませんよね?

しかも現在のワーキングプアに陥ってしまった人の多くは大きな失敗もなく、それでも貧困になってしまって、働いても働いても待遇は良くならない、将来に希望が持てない状況の中を日々暮らしているので有りまして、誰がこんな国にしてしまったんだって叫びたくなるのでは無いでしょうか?

まあ経済主義が発展して効率が非常に上がった反面、一部の恵まれた人を生み・・・ここまでは良い事なのですが、それ以外の人が安心して暮らせて、やる気しだいで、夢を実現できる仕組みを構築出来なかったのでしょうね?

失敗しても夜逃げなんてする必要もなく、たとえい一旦、生活保護を受けるようになっても、何度でもチャレンジできる社会の実現を望むので有ります。