カードキャッシングについての考察

多重債務状態に陥ってしまった人の中には、借金の最初のきっかけはカードによるキャッシングで気軽にお金を引き出した場合が多いのではないでしょうか?

カードを作る際の審査といってもブラックリストに入っていなければ無審査のごとく簡単にカードが作れてしまいますし、なにかというとカードを作られてしまうわけです。

でクレジットカードでお金を引き出した経験の有る方は判ると思いますが、カードを機械に入れて暗証番号と金額を入力すればすぐに現金が出てきます、現金を引き出す際の一連の動作は銀行のキャッシュカードを使って現金を引き出すのとまったく同じなのでありまして、その瞬間に借金をしたって間隔を持たない人が多いのでは無いでしょうか?

しかもですね、ここでリボ払いでも選んだ日には数十万の現金を引き出しても、銀行口座は直ぐに減りません、限度額まで引き出しても引き出しても口座から引き落とされる金額が急に大きくなる事はなく、良い気になってどんどん現金を引き出していますと、借金はどんどん膨らんできて、やがて限度額一杯まで使ってしまう事になってしまいます。

ここで、1社からのカードキャッシングだけでストップしておけば多重債務に陥る可能性も低いのですが、別のカードを使いだしてしまって多重債務者への道へ踏み出してしまう訳ですね。

カードローンを利用する際に各カード会社は個別に利用限度枠を設定していますが、これは横の連携は一切なく、カード会社と個人の一対一の関係で利用限度額を設定しているので有りまして、Aってカード会社が支払いの応力を考えて限度額を10万円に設定しても10社で同じようにカードを作ってしまいますと100万円まで借金が出来てしまうので有りますし、これを防ぐ手立ては個人の意思に頼るしか有りません。

多重債務問題を抜本的に解決しようと思ったら、まず個人で作れるクレジットカードの枚数を2枚までとか制限をかけてしまって利用限度額も2社の合計金額で制限を設けてしまえば、カードキャッシングによる多重債務者の発生は劇的に減るのではないでしょか?

そもそも、個人が4社以上のクレジットカードを作成して持っている必要性は全く感じないので有りまして、早急に法整備によって制限をかけるべきではないでしょうか?

それと、クレジットカードキャッシングでキャッシュディスペンサーの液晶画面に大きく”あなたは今から10万円の借金をしようとしています、借りたお金は利息を付けて返済する必要があります、利息は年間で1万円です宜しいですか?”のように表示させて大きく取り消しボタンを表示させるってのはどうでしょうかね?

クレジットカードとキャッシュディスペンサーがセットになって多重債務者製造機と言われるのはクレジットカード会社にとっても本意では無いでしょうから。