見栄と多重債務の相関関係

見栄を捨てればお金が貯まるって言いますが、多重債務者になってしまう人の一定の割合で見栄によって借金をしてしまって、多重債務や最終的に自己破産まで落ちってしまう人がいらっしゃるようですね?

例えば披露宴の案内状が来た時に、全然お金に余裕がない場合どうしますか?って問いかけをした場合に何割かの人は勇気を持ってお断りを致しますが、やはりカードでのキャッシングなどで借金によって義理を優先してしまう人も少なくないでしょうね?

他にも後輩と一緒に夜の街に・・・行かなきゃ良いのですが後輩を誘ってしまうってのも一種の見栄だと思いますが、お勘定の段階でついついカードで支払ってしまうなんて事を繰り返してしまう間に借金がどんどん膨れ上がって、気がついたら多重債務者になっていたなんて人も少なくないと思います。

身から出た錆って諺が有りますがこの場合は見栄から出た借金って事になると思いますが、いざ自分がその立場になってしまったら、ついつい無理を承知でカードで払ったり、借入をしてしまうのが人間なのですよね?

まあこれを断ち切って借金から足を洗う方法は見栄を捨てて堅実生活に転換するか、自己破産してブラックリストに入れて貰って今後は一切の借金が出来ないように強制的にしてしまうかの方法になってしまうと思いますが、誰もがブラックリストにはなりたくないですよね?

じゃあ取るべき道は一つしか無い訳でして、見栄を捨てて身の丈に合った生活を歩むしかないのですよ。

それが出来れば苦労しないよって声が聞こえてきそうですし、多くの人が厳しい家計においても義理を立てざるを得ないのが社会生活なのでして、なかなか舵取りが難しい所でも有りますね?

けどね、不義理をしての結果と多重債務者になって返済できなくなった時の最終的な到達点を考え比べれば自ずと取るべき方向は出てくるのですが、それが出来ないのが辛いところなのでしょうか?

追伸
本人が周りに分からないように見栄を張っていても皆が見栄を張っているって気が付いている場合もありますし、気が付かない場合もあるのですが、個人的にはどちらにせよ、見栄ってのは無理の同議なのでありまして、つまらない見栄のために、借金を作ってしまったり、多重債務に陥ってしまったり、自己破産にまで辿り着いてしまう人もいらっしゃる訳ですから、見栄もほどほどにって所では無いでしょうか?

事業で成功した人の中でも多くの人が見栄を張ることなく一生懸命働いて富を得た人も存在しているので有りまして、成功したのちに今度は社会福祉に熱心にかかわる人も多いのです。