無い者の強み

債務整理や借金問題に関するコラムを特集していますが、今回は無い者の強みについて書いてみようと思いますが、考え方によっては、何も持っていない無い者には、かなり大きな強みが有るように思います。

私の過去の経験で仕事上の代金の回収において、回収できなかった事が有るのですが、どの場合も同じパターンで集金に行っても電話で催促をしても、無い物は払えないの一点張りで、会社として裁判にまで行った事もありまして、こちらはちゃんと契約書も受領書も揃っていて、勝訴しまして分割での回収合意まで至ったので有りますが、2回ほど分割回収できただけで、結局回収が滞りまして、これ以上手間と労力をかけても、損fが膨らむだけですので、回収を諦めた経験が有ります。

ニュースなどで損害賠償ですとか金銭的な保証が絡む訴訟沙汰を見聞する事は皆さんもあると思いますが、いくら裁判所から支払い命令が出ようと、資産が有れば別ですが、無い人から回収は出来ないのでありまして、結局は無い者の強みが発揮される場合も非常に多いので有ります。

別に借金を踏み倒す事を奨励している訳では有りませんし、自己破産などを安易に行いますと社会活動に支障が出る場合もありますし、借金は返す必要があるのですが、その為に自らの生命を絶ってしまうのはちょっと違うと思いますね。

消費者金融でお金を借りるとか、信販会社でカードを作る場合には、審査された上の話ですし、住宅ローンの場合においては審査された上に担保を設定した上で融資が行われているので有りまして、返済不能になるのは100%債務者の責任と深く考える必要もないと思いますし、頑張った上で返せない場合は、考えればちゃんと道は開けると思いますよ。

まあなんと言いますか、夜逃げをしたり生命保険をって考えるよりもある意味、無い者の強みって事で開き直ってしまえば、無敵の存在になる事だって可能性があります。

借金の催促に来られても何もないから好きにしろって開き直られてしまいますと、今度は債権者のほうが打つ手がなくなってしまいますし、最後の手段で自己破産を行ってしまいますと、もう債務は帳消しになってしまって、1から再スタートするか、働けなければ生活保護を受けてしまえば生活は保障されて生きていけます・・・、無い者の強みってのをささやかに行使する訳です。

今の日本経済は資産を持つ者が更に富を集められる構造になっているのでありまして、持たざる者がそれに対抗する為には、持たざる者の強みを破棄するしか方法がなければ、迷うことなく発揮してしまえば良いのでは無いのでしょうか?

なにせ富の再配分の仕組みなんて当分出来そうもないですから、無い物は仕方がないので無い者の強みってのを発揮するしか選択の余地がないのですが、これはある意味最強の強みでもあります。

追伸
別に無理して無い者の強みを行使する必要は有りませんが、多重債務などの陥って債権者の取り立てに参ってしまって自らの命を絶ってしまう人の中には、どこかで開き直ってしまって、無いって事の強さを発揮していれば、ちゃんと復活できた人も少なくないのではって思っています。