ホームレス中学生と支援団体

田村裕氏の自伝的小説、ホームレス中学生がベストセラーになっていますが、これは今の日本の現状がホームレスになってしまう中学生が現実味を帯びているからで有り、今の日本が抱えるセーフティネットの崩壊を表しているのでは無いでしょうか?

中学校になる子供を抱えている世帯ってのは、子供にかかる養育費も家計を圧迫していますし、住まいの方も子供に独立した部屋を与えようと考ええますと、有る程度の部屋数のある賃貸住宅や住宅ローンを組んでの住宅の購入などを行う必要が有り、住宅費用もまた家計を圧迫しているのが多くの日本人の世帯に存在していまして、そんな時にリストラですとか勤めていた会社の倒産など不測の事態が勃発すればひとたまりもないですし、支出は増える収入が増えないのが今の日本ですから、ちょっとしたきっかけで借金がかさんでしまって、一家離散ですとかホームレス中学生が発生する要素が高いので有りますね?

現在の日本では民間のホームレス支援団体の活動が徐々に始まっていますが、ホームレスを発生させないための取り組みに力を入れませんと、増える事は有っても減る事は今の日本の現状では中々難しいのでは無いでしょうかね?

現在、ホームレスの人が増えている背景には敗者復活の仕組みがうまく働いていないのと、昔は誰でも出来る労働力を必要とする産業が多数存在していて、単純労働で有っても人並みに生活を営む事が可能で有りましたが、単純労働は減り、誰でも出来る仕事は派遣社員にとって代わり、おまけに海外からの移民を受け入れて安い労働力を確保しようとしているのが現状ですから、いくら真面目に働いてきても、ちょっとしたきっかけで、生活基盤を維持する事が難しくなって、ホームレスに転落してしまう危険性が十分にあるのが今の日本の労働者を取り巻く環境では無いでしょうか?

ここでホームレス中学生に話を戻しますが、家庭の事情により中学生のような子供がホームレスになってしまうのは、行政の怠慢で有りまして、社会も冷たくなったってのが素直な感想でありまして、役所でも警察でも訪問して現状を相談して素早く支援を受けられる体制が、見えなくなっているのが問題として大きいのでは無いでしょうか?

私が思うにはホームレスが増えてきて、やがてホームレス中学生のような形でホームレスの年代の幅が広がってきますと、やがてストリートチルドレンのような路上生活の子供が出てくるのは間違いないので有りまして、日本の治安も悪化して、さらに社会の安定が脅かされるのでは無いでしょうか?

一億総中流社会と言われていたのは遠い昔になってしまいまして、更に豊かな生活を目指した結果が、格差社会にたどり着いてしまいまして、根本的な考え方を変えざるを得ない状況になっているのでは無いでしょうか?

物質的な豊かさの追求はもう資源の枯渇や環境破壊が待ったなしの対応を迫られている訳ですし、少子化も進んできておりまして、国全体でスローライフを目指すべきでは無いでしょうか?