住宅ローンの債務整理

消費者金融などの借金整理と違いまして、住宅ローンの債務については簡単には整理に手が付けられない場合が出てくる場合が多く、わざわざ住宅ローンの返済を滞らせない為に、別に高い金利の借金をして、返済に充当した為に、多重債務に陥ってしまう方も多々有るようですが、今回は住宅ローンの債務整理について考えてみようと思います。

まず、最近は保証会社を使う事が増えてきていますが、住宅ローンの借り入れに際しては連帯保証人を設定している場合が多く、軽い気持ちで連帯保証人になってもらったとしても、連帯保証人は借り入れに関して主たる債務者と同列の扱いを受けてしまうのでありまして、住宅ローンの支払いが破綻してしまった場合に、借りていた本人に取れる預金や資産が無い場合、銀行などの金融機関は、連帯保証人の資産にまで目を付けて回収を図ろうとするのでして、借りていた住宅ローンに対して担保設定をしていた住宅を競売や任意売却によって売却したとしても、残債務に関して、いくら借り入れた本人が自分で何とか返済をしたいので相談を持ちかけても、金融機関は資産を持っている、取れるところから回収する原則によって動きますので、善意の連帯保証人に迷惑が及ぶ事になってしまいます。

連帯保証人に取れる資産が何もない場合は、持っていない人からは取れないって事になりますが、そんな場合は数少ないと思いますので、支払いが滞る可能性が出てきた場合は、債務を完済しない限り連帯保証人を外す事は難しく、連帯保証人を守る為には、出来るだけ早く連帯保証人に事情を話して、弁護士なりに相談してしかるべく対応策を取る事が最善の策になります。
※弁護士への相談は無料相談もありますし、時間当たり5,000円から 10,000円で相談出来ますので、法律の専門家に相談してしまったほうが一人で悩んでいるよりも、良いと思いますが、弁護士なら誰でも良いという訳でもなく、債務整理に強い弁護士を探すようにしましょう。

住む場所がなくなってしまう事
通常、住宅ローンの返済が焦げ付いてしまいますと、競売や任意売却によって住んでいる住宅を処分して返済に充てる事になりますが、残念な事に住宅ローンは元利均等返済の場合が多く、返済期間の最初から半分くらい迄は、金利の返済ばかりで現金は殆ど減少しないで、その間に住宅の資産価値はどんどん下がっている場合が多く、多額の返済をしてきたにも関わらず、住宅売却後に多額の債務が残ってしまう場合が多いのです。

住宅を手放して債務がゼロになってしまえば問題は少ないのですが、競売や任意売却で住宅を手放した状態って事は済む場所の確保が必要になってくるので有りまして、アパートを借りて引っ越しをするにも、敷金や礼金、引っ越しの費用も必要になってきてしまいまして、ここで壁に当たってしまうので有ります。

これを簡単に解決する方法はないのですが、事前に早めに専門家に相談する事によって、知人に買い取ってもらってリースバックするなり、競売になるまで居座って、引っ越し費用を出して貰うなりの手は残っていますので、冷静に対応して下さい。