種銭

今回のコラムでは少し前向きに貧乏からの脱出って事で種銭の事を書こうと思いますが、種銭とは貧乏から裕福層にスタートを切る為の、お金って事になりますが、貧乏な状態から1足飛びに裕福層の仲間入りは無理で有りますので、とにかく最初は節約と倹約によって種銭を作る事から始める必要が有ります。

ただ最初に書いておきますと、種銭と言いますと投資関係における投資資金と捉えられる場合が多いのですが、種銭が出来たからといって別に投資をする必要もないので有りまして、ここでは貧乏から脱出するための種銭って事で書き進めたいと思います。
しかも株やFXなど投資と名が付くものは資金が潤沢にないと、損をする確率がとても、とても高くなる代物ですから折角、種銭を作っても一瞬で消えうせてしまう可能性が高いので、手は出さない方が良いでしょうね。

※ 種銭を作る前に、借金が有るようであればさっさと借金を解決する事が先決になるのでありまして、返済に10年以上かかる場合や、借金の返済だけで日々の生活を維持するのが精いっぱいとか、返済さえも滞りがちだとか、毎年借入残債が増加しているようであれば、場合によっては法的な整理や、調停などを利用して債務を圧縮するなり、チャラにしてしまってゼロからのスタートを考えたほうが、マイナスからのスタート・・・って事はスタートラインに到達できませんので、3年以内を目標に債務整理に全力を挙げる必要が有るでしょうね?

で種銭の作り方ですが、まず見栄も捨てたほうが良いでしょうし、一定の金額(例えば年収の半分とか)が貯まるまでは、とにかく積み立てを少額でも行うなり、副業(セカンドビジネス)を行うなり、食費を切り詰めるなり(ただこれはあまりお勧めしません)、可能な限りの方法で貯金をする事です。

もう目標を決めたら暫くの期間は中元、歳暮、お年玉、冠婚などの出費は一切遠慮?する位の意思を持てるかどうかが、種銭を作れるかどうかの分かれ目になってくる気がするので有りまして、新聞の購読も止めてテレビも売り払ってNHKの受信料金も解約してしまえば良いのでして、新聞とNHKを止めただけでも月に5000円、年間では60,000円の貯金が出来るので有りまして、躊躇する必要はないと思いますね。

しかし多くの人の場合は、中々そこまで徹底できないので有りまして、その辺りを徹底できないと、いつまでたっても種銭は出来ない状態になってしまう場合が多いのでは無いでしょうかね?

特に借金状態から脱出した人の場合は、今まで毎月、金利を負担していた状態から、金利を払わなくても良い状態に変わっただけでも、大きな違いになってきますね。

で不思議な事に有る程度のまとまったお金が出来てしまいますと大部分の人は無駄使いをしなくなるので有りまして、別に投資なんてしなくても、種銭が出来た時点からお金は増える方向に生活が変わってくるので有りますね。

では、皆様のご健闘をお祈り申し上げます。