債務保証とは

今回のコラムは債務保証について誤解している方も大勢いらっしゃるようですので、その事について書こうと思います。

最近は住宅ローンを組むと時には保証人の代わりに保証協会などの、保証会社に保証金を支払いまして債務保証を行って貰う場合が多いのですが、基本的な保証内容としては債務者が支払い不能になった時に代わって債権者に対して残債務の代位弁済を行いまして、やる事は連帯保証人と全く変わりませんね?

ここで誤解しないで頂きたいのは、支払い不能になって当初借金をした債権者は残債務を債務保証を行っている保証会社から充当されますが、債務者にとっては債務(借金)している先が、当初借りた金融機関から保証会社に移っただけで、借金が消滅した訳ではないって事なので有りますね。

誤解や勘違いをしてしまう原因としては、債務保証をして貰う際に、保証料を借入金の額に応じて支払っているために、保険のようなもので支払い不能になった時に保険金が下りるような感じで思ってしまうのではないかと思いますし、そもそも保証会社に債務保証を申し込む際には直接ではなく、借入を行う金融機関の窓口で同時に行いまして、その辺りの事を十分説明される事が少ない為に、誤解を生んでしまうのでは無いかなって思いますね。

更にもう少し書きますと、債務保証契約に基づいて債務を代位弁済した保証会社は元々の金融機関よりも激しい取り立てを行うので有りまして、これは保証会社を利用している金融機関は支払い不能になっても全額、保証会社から支払って貰えますから、激しい取り立てをする必要が無いのに比べて、債務保証契約によって代位弁済した保証会社はあらゆる手段を講じて、回収に走りませんと大きな損失が出てしまうからです。

ですので、保証会社は素早く法的な手続きを取ってきますし、自宅を競売にかけてくるって事も日常的に行われているのでは無いでしょうか?

それら、あらゆる手段を使いまして回収できるだけ回収いたしまして、まだ債務が残っていましたら、残った債務は別の債権回収会社へ売却されてしまいまして、そこでも債務は消滅するわけでは有りませんので、今度は債権回収会社(サービサー)への返済義務が残ってしまう訳です。

※債権回収会社(サービサー)が買い取る債権は、総額の数パーセントの二束三文ですので、交渉の余地はありますが、最終的には自己破産まで追い込まれてしまう場合が少なくないと思います。

追伸
連帯保証人に迷惑をかけない制度として保証会社を使った債務保証は良い制度だと思いますが、支払い不能になった時の説明が不十分のような気が致します。
最初から支払い不能になる前提での話はし難いと思いますが、何が起こるから分からないのですから、その辺りの説明を十分に致しませんと、債務保証に対する誤解は無くならないのでは無いでしょうか?