連鎖破産

連鎖破産って言葉が存在するかどうかは不明ですが、現実にはとても沢山の連鎖破産が起きているのは事実ですから今回のコラムではこれについて書いてみようと思います。

先ず連鎖破産については2つのパターンが有ると思うのですが、ひとつはご存知、連帯保証人を頼まれて、気軽に(じゃない場合も多いと思いますが)捺印して、忘れた頃に連帯保証した友人や親族が支払い不能になって、残債務が一括で連帯保証人に請求が来て、やむなく連鎖破産のパターンで、実際に零細企業の借り入れの場合には第三者の連帯保証人を求められる場合が非常に多い訳ですから、零細企業の倒産の何割かの場合において、連帯保証人に残債務の請求が行って、その中の一定割合の連帯保証人も自己破産にまで追い込まれてしまうのが現実に数多く起きているのです。

※特に商工ローンの類の場合にこの事例が多いと聞きます。

企業が倒産しますと、連鎖倒産って言葉が出てきますが、それと同じように個人の連鎖破産が起きているのですが、あまり表には出てきませんよね。

どうも日本は貸し手側の査定能力とか貸し手責任は一切考慮されないので有りまして、借りた本人や企業が倒産や破産に至った場合において、連帯保証人は一括返済を求められてしまう結果、連帯保証人もすぐに自己破産に追い込まれてしまう仕組みになっているので有りまして、法的に連帯保証人の権利を守る仕組みが必要ではないかと思いますね。

もうひとつは少ないと思いますが、簡単に書きますと貸した金が戻ってこないってパターンでして個人的に善意の貸出が元になってしまって、自分まで資金が尽きてしまう形ですね。

この場合は善意で貸したお金が戻ってこない訳ですから、その前に何度も返済の催促を行う場合が多いのですが、相手に無い物は払えないって最後には開き直られてしまいまして、いつの間にか借金をして債務者になってしまうって感じでしょうか?

この場合、不思議なもので自分が債権者として取り立てや催促に出向くのは苦痛ですし、手間や時間もかかってしまって、何で?って気持になってしまいますし、逆に自分が催促や督促を受ける立場になってしまうと、誠実に対応しようとしてしまって、もう二重の苦しみになってしまうようですね。

日本におきまして、個人が自己破産に至った原因の何割かは連帯保証人になったばっかりにとか、連鎖破産の場合が有るようですが、法的にも全くこの辺りの救済策や権利を守る仕組みが出来ていないのが、現状なのでありまして、連鎖破産を手前で食い止められる仕組みが出来れば、自己破産者の何割かは削減できると思うのです。

企業の場合は連鎖倒産を防ぐために、セーフティネットの構築が多少はあるのですが、個人の場合は皆無ですからね。